パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

格安航空会社のようなメーカーの出現が望まれる


スロットの強い大手メーカーでパチンコを開発してAさんは、規則の裏をかくような機械を開発する人材が評価され、大手を振る社内体質に嫌気がさして、同業他社へ転職した。

機械メーカーは現在、パチンコとスロットの両建てで機械を開発・販売しているが、スタートがパチンコメーカーかスロットメーカーかで、どうしても専門分野からは脱しきれない傾向がある。

パチンコもスロットも両方売れているのは北斗シリーズのセガサミーとルパンシリーズの平和ぐらいしかない。

「昔ヒットした機種名で出すのは、自信がない現れです。昔の名前でもなかなか売れませんけど。自信があって面白い機械であれば、昔の名前なんか使いませんよ。ATも規制され、この先スロット人気が続くかは疑問ですね。最終的には純Aタイプしか残らないような気がします。決してスロット業界も明るいとは思えません」(Aさん)

シンクタンクの近未来予測ではスロットがパチンコのシェア率を奪い、パチンコ屋という言葉がなくなるのではないかと読んでいるが、現場の開発陣の見方はまた違うようだ。

Aさんが前職を見限ったもう一つの理由が、会社が上位30社だけで経営ができることを模索していたことにもあった。つまり、ホールを育てる気がさらさらないことに嫌気が差した。転職先もその考えはなかった。

上位メーカーは新台を買ってくれる上位ホールしか客とは思っていない。中古しか買わないホールは新台メーカーの客ではない、ということだ。

Aさんはこの業界体質にこう警鐘を鳴らす。

「アメリカン航空は膨大な人件費が嵩む高コスト体質から一度倒産しましたが、この会社はエコノミーの客を荷物としか見ていませんでした。お客というのはビジネスクラス以上を客扱いしていました。ところが、今の時代は彼らが荷物扱いしていたお客を対象にしたLCCが急速に伸びてきています。パチンコ業界にもLCCになるようなメーカーが出てこないとだめです。手打ち式を出したA-gonのような会社がまさにLCCだと思います。そういうメーカーがもっともっと出てくる必要があります」

メーカーの製造原価が10万円ぐらいのものを40万円から50万円で販売している。会社の規模がでかくなれば、会社を維持できないのかもしれないが、既存の上位メーカーが機械代を値下げすることは考えられない。日本の航空業界はスカイマークの参入から競争原理が働くようになった。

中古しか買えないホールでも新台が買える値段で提供できるパチンコ業界のLCCメーカーが出てくることが業界の活性化にもつながる。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。