パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

イベントに代わる画期的な集客方法とは


その昔、朝一の集客のために多くのホールが採用していたのがスロットのモーニングサービスだった。大当たりの前にリーチ目が出ることに着目して、最初は手動で打ち込みをしていたが、やがて機械式の打ち込み機が登場して全国に広まる。

しかし、1996年から警察の取締対象となる。福井のホールがモーニングサービスで裁判となり、10万円の罰金刑を受けている。その手法が使えなくなると、次に移行したのが機種イベントだった。これも広告宣伝規制で一切できなくなっただけでなく、機種イベントでもやろうものなら、一発で営業停止処分を受ける。

ホール現場が今一番悩んでいるのが、朝一の集客を含めイベントに代わる画期的な集客方法だ。「それを考えたものは大金持ちになる」との甘言でそのアイデアを聞き出そうとしている。

今は使えない過去はやっていたNG集ならいくつかある。

開店前にハネモノのお竜さんの役物の手の上に玉1個を載せておく。確実にVに入る。先着15名様だったが、ハネモノを打つために朝からお客さんが並んだ。

朝だけ従業員が立っている台は釘が開いているとかもあった。

客は勝つためにパチンコホールへ朝から通ってくる。それなら、その気持ちに応えようとしたのが、昔の営業だった。

遠隔装置を開発した当事者は、大負けしたお客さんをそのまま返したら、二度とパチンコをしてくれなくなる、との思いがあった。明日また来てもらうためには、例えば10万円の負けを1万円の負け、あるいは1万円の勝ちにして返すことが目的だった、という。

遠隔を擁護する気はさらさらないが、昔は客の立場にたってやっていたことだった。研究すれば勝率がアップすることが分かったプロ集団や打ち子軍団においしいところを持っていかれるようになってから、業界はおかしくなってきた。

イベントはガセ。プロにおいしいところを持っていかれないようにするためもあってか、ガセイベントが横行するようになった。その辺りから業界の信用も失墜すると共に、客離れが始まる。ましてや、勝率が悪くなってプロですら足を洗うご時世である。

出版業界も不況業種の一つに数えられているが、宝島社はその中で勝ち組といわれている。ブランドを取り込んでの雑誌付録やグッズ付きムックで業績を上げてきた。3年前は付録体質から脱却する話もあったが、やはり定着した付録を捨てることはできない。

アメリカのプレイボーイ誌も時代遅れとの理由からヌード写真を掲載するのを中止したが、「裸は自然」のタイトルで2017年3/4月号で1年ぶりにヌード写真を復活させている。

読者を喜ばせることが付録であり、ヌード写真であるということだ。

パチンコももう一度原点に返って、どうやったらお客さんが喜んでくれるかを考えれば、集客も難しい話ではない。営業方法でいえば今とは真逆のことをすればよい。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。