パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

換金の上限額を規制?


依存症、のめり込みを防ぐために、警察庁はパチンコの出玉規制の基準の見直しを図ろうとしているが、パチンコをやったこともなく、風営法の中身も知らず、依存症の専門家でもないIR有識者が、依存症対策についてアンチと同レベルの乱暴なことを言っている。

「依存症をなくすのは非常に簡単。出玉規制などよりも換金を禁止にして一般景品だけにすれば済むこと。一般景品で経営が成り立つように業界も研究していかなければならない。パチンコの換金の是非を国民に問うても同じことを言うはず。圧倒的にパチンコをやらない人の方が多いわけですから、換金が禁止になっても困らない」

換金を禁止にすれば依存症は減るかもしれないが、現実から逃避行するために、パチンコを打っている依存症の人もいる。依存症は心の問題であって換金を禁止することが決定打とはならない。

その前に換金を禁止すれば、業界そのものが消滅してしまう。居酒屋で酒の提供を禁止するようなものだ。娯楽産業として成立している以上、その産業をぶっ潰すわけにも行かないだろう。有識者を名乗るなら短絡的な意見でなく、もっと建設的な意見をお願いしたいものだ。

「換金を全面禁止にするのではなく、換金は一定額まで認める。その代り、残りは一般景品と交換する。例えば3万円勝ったとしたら、1万円までは換金できるが、残りは一般景品との交換にする」

折衷案になってきた。

換金する目的は次の軍資金を確保するためでもある。換金→軍資金→換金のサイクルが断たれることは避けなければならない。

換金が禁止されることが議論されないように、パチンコ業界の方から自主的に行動することはいくつかある。

その前に、ギャンブル依存症の中でも突出してパチンコが多い理由はこうだ。

公営競技と違ってパチンコホールは全国津々浦々どこにでもある。しかも、年中無休で営業している手軽さが依存症を生む原因になっていることは衆目の一致するところだろう。

換金を禁止されると思えば、ホールの方も何でもできる。例えば、週1回は定休日を設ける。さらに営業時間を朝と夜をそれぞれ1時間短縮する。中央競馬は土日しか開催されていないことを考えるとこれぐらいの自粛はかわいいものだ。

人手不足の折、営業日数と営業時間が短縮されることは人件費の面から見てもホールには好都合なはずだが。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。