パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

お知らせ…現場力を向上させるための女性リーダー育成の強化合宿


去る3月3日、東京・中野サンプラザで、パチンコホール企業で働く女性を220名集めた「SMILE FOR ALL!P-WOMEN’S SEMINAR」(以下P-WOMEN’S SEMINAR)を主催したSPARKSNETWORKが次なる女性活躍推進の企画を発信した。

題して「P-WOMEN’S CAMP」(以後、PWC)は、1泊2日の女性リーダー育成を目的とした合宿で、6月27日~28日の2日間に亘って都内で開く。

合宿のカリキュラムは、女性リーダーの役割、目標設定、仕事力を高めるためのコミュニケーションスキル、女性リーダーとしての部下育成スキル等多岐にわたる。

SPARKSNETWORKの中村恵美社長は、パチンコホールで女性リーダー育成にかかわる中で、女性社員に対して以下のように「惜しい!勿体ない!」と感じる場面が少なくなかった、という。

・研修では真剣に学び、素晴らしい発信や感想文提出をしているにも拘らず、研修後に上司に報告していない(報・連・相)。

・会社全体、店舗、上司からの期待を一切確認していないため、誰よりも真面目で真剣に仕事に取り組んでいるがなかなか評価されない(自身の役割や貢献について再考する)。

・周りからどう見られているかの意識が低く、店全体への影響力を考えず言動している(仕事を頼まれやすい人になる)。

・もっと良くなるためのアイデアを持ちながら、改善するタイミングを待っている(小さな事でも日々改善)。

・社内にロールモデルがいないため、今後のライフステージ(結婚や出産・育児)とキャリア形成のイメージが描けず悩んでいる(キャリアプラン形成)。

PWCは、これらの多くの女性社員が苦手としているスキルを1泊2日の合宿で習得することが狙いだ。これらの課題を解決するための講師陣も豪華な顔ぶれだ。

講師は、SPARKSNETWORKの中村恵美社長の他、アイキャンディの福森加苗社長、kaikaの三浦真理社長とパチンコ業界を代表する女性講師で構成される。講師それぞれに強みが異なるため、それぞれが得意なパートを受け持ち、3名の講師で関わることで、理解度・納得度を高め、一人一人に対して手厚くフォローする。

多数の参加者を対象としたP-WOMEN’S SEMINARでは、1wayのインプットに留まったが、参加者本人のアウトプットや参加者同士のディスカッションの時間も多く準備されている。

P-WOMEN’S SEMINAR懇親会で開催されたディスカッションは、大変好評だった、という。

参加者から「ディスカッションの時間が足りなかった」「他社の成功・失敗事例の共有は、参考になったので、即実践したい」「全国のパチンコホールで働く女性が頑張っている様子を知ることができて励みになった」という意見が寄せられている。

ネガティブな情報が飛び交う中、パチンコホール企業で働く女性の成長は、パチンコ業界の希望の光となるか? 本セミナーを受講した女性の成長に期待したい。

■P-WOMEN’S CAMP(PWC)概要

日時:2017年6月27日13:00~28日17:00(2日間)
場所:都内某所(参加者へ個別に連絡)
費用:49,800円(宿泊費別)
対象:リーダーを期待される女性社員

カリキュラム
①キラキラ輝く女性の働き方(中村恵美)
②伝達力向上術(三浦真理恵)
③女性リーダーに必要なスキル(福森加苗)
④参加者ディスカッション(テーマ当日発表)
⑤信頼されるコミュニケーション術(福森加苗)
⑥女性リーダーの役割(中村恵美)

応募締め切り:2017年4月30日

申込みは、こちらから





16割営業の1回交換で復活


「パチンコを復活するのは簡単。メーカーは玉が出る機械を作り、ホールもそのスペックに従って玉をジャンジャン出すこと。そのためには、最終的に40玉交換にしなければいけない」と話すのは販社の社長。

40玉交換に戻すことは日報でも何度も取り上げているが、「そんなに簡単ならとっととやってみろ」と批判の嵐である。

40玉交換=16割分岐営業の理想と現実。実は1パチの16割分岐営業で盛況だった西日本のホールが、最近、16割営業を捨ててしまった、という。理由は稼働がジワジワ落ちてきたためだ。対策として、交換率を上げたら、稼働低下に歯止めがかかり、現在は12割分岐で営業している。

1パチの16割営業が3年ぐらい支持されていたのに、客の思考が遊びから交換率を再び重視するようになった。

パチンコ業界の歴史を振り返ってみた時に、ホールが玉を出さなくなったターニングポイントは、メーカーが開店釘を叩かなくなったことが発端だろう。

メーカーの営業マンは自社の新台をアピールするために、店側の開店割数の指示を聞いたふりをして玉を出したものだ。それが時には20割、30割出ることもあったが、「出過ぎましたね」で済まされた。むしろ、開店初日はジャンジャン玉が出ることを喜んだのが初代オーナーだった。

あの新店は「玉を出さない」との烙印を押されるよりも、あの店は「玉を出す」との評判を求めた。いくらジャンジャンバリバリ玉を出しても、パチンコで勝ったおカネは、結局のところその店に戻ってくる安心感が初代オーナーにはあった。従って出すことも怖くはなかった。新装開店サービスで玉を出した後は、お客に気づかれない程度に徐々に割を落として行って、平常営業に持っていった。

等価に慣れきっている現在において、ジャンジャン玉が出せる16割営業に戻す前提条件は「1回交換」が必須となる。

「1回交換時代は台売りが9万円、10万円と上がった。昔のパチスロも1回交換だったので、4,5,6を入れても怖くなかった。その後の知恵でラッキーナンバー制になったが、それでも台売りは7~8万円あった。1パチでも等価ならキツイ。玉をジャンジャン出せる環境は16割営業しかない」(同)

16割営業に加えて1回交換とは、ますますハードルが高くなる。しかし、先人たちの知恵こそが、本来の遊技の姿だったことが分かる。ジャンジャン玉を出しても終了台はそれを独り占めにさせることなく、多くの人に分け合う。終了台にありつけたら負ける回数も少なくなる。

数千円の投資で1万円勝てる。これなら、国民も認めてくれる遊技の範囲だろう。賞品の上限が1万円との整合性も付く。

こんなうま味のない商売はやってられないか。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。