パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

4円を生存させるには玉単価を落とすことが必須


パチンコ業界人がパチンコを打たなくなるようになって久しい。おカネが持たないというのが主な理由だが、そんな業界人も打たない現状のパチンコを提供して、遊技人口が減った、と嘆くのは業界自体にあまりにも策がない。

メーカーは回るパチンコやちょいパチやらを開発しているから無策ではない、と反論するだろうが、それによって遊技人口が増えた実感もない。だから、無策といわれてしかたない。メーカーの首脳陣や開発陣が自分のおカネで、プライベートで打つことがないからそんな発想しか生まれないのだろう。

物事を玉単価で考えれば自ずと答えは出てくる。

「4円が通用しなくなったのではなく、玉単価が上がり過ぎただけ。ヘソスタートが7個返しだったものが、3個返しになった。それはバクチ性を上げるためだった。4円を生存させたいと願うなら、昔の内規に全部戻すこと。一般庶民の所得は上がっていないのに、パチンコの消費金額は上がる一方だから、ソッポを向かれるのは当たり前」とはホールオーナーが一世の時代から業界に携わっているコンサルタント。

まずは、玉単価をパチンコが全盛期の時代の数字に戻すことだ。そこに手をつけないままで物事を進めても何ら改善されることはない。

メーカーはホールが喜ぶように玉単価が上がる機械を開発してきたが、最終の打ち手を泣かせる機械ばかりを作っている場合ではない。ホールが喜んで買うのではなく、客が喜んで打つ機械の開発が、結果的にはホールを喜ばせることにもつながる。

「液晶の演出も諸悪の根源。客の気持ちを高めて、高めて、高め切ったところで谷底に突き落とす。超スペシャル図柄が出てもハズレる。3万円も4万円も突っ込んで谷底に落とすから客が減るのは当たり前。客の心理も考えずに、カネを使わせる演出ばかりを考えている。人の気持ちを弄ぶからしっぺ返しを食らう。海とジャグラーが安定しているのは、客の気持ちを裏切らないからだ。パチンコを打つのは底辺の人。それを理解せずして何ができる」(同)と怒りに震える。

商売とは毎日続けなければならない。ということはパチンコ客にも毎日来てもらわなければならない。毎日来てもらうには、玉単価を下げることだが、それに伴い、ホールの利益も下がるが、稼働が上がればそれはカバーできる。

パチンコがギャンブル化して30年以上は経つが、射幸性は残しながら客が毎日来られるような機械の開発が望まれる。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。