パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

深夜の重労働となっている機械入れ替え作業コストを1/3へ大幅削減


今やパチンコ台の重さは、飾り物の巨大化に伴い、優に40キロを超えるに至っている。余りの重さから入れ替え作業で腰痛になったりすることもあり、台入れ替えを外注に任せるホールも少なくない。

パチンコ台の重量が増すことで入れ替え作業の効率が大変になるばかりだが、ホール経営者の発想から生まれたのがマジかsystemだ。台を運ぶ台車(マジか)から、遊技機の取り付け装置「どんぴしゃパーフェクト」、さらに、台を取り付けた後で、ガラス面で傾斜が測れるようになった「傾Shock」の3つで構成されている。



台車は運送会社から運ばれてきたものをそのまま載せることができることが最大のポイント。台車のパチンコ台を載せる位置がそのまま島の高さになっている。

つまり、一度台車に載せてしまえば、重たい台を一度も上げ下げすることなく、そのまま島まで運んで取り付けることができる。台を運ぶ効率が大幅にアップすることで、それが省力化にもつながっている。

「どんぴしゃパーフェクト」は遊技台の本体と枠をわざわざ分離させることなく、そのまま島に取り付けることができる。上部は六角レンチ、下部はクランプで固定するだけ。枠を島に釘打ちすることもないので、島や枠を痛めることがない。

島に台を取り付けた後で、最後の作業が傾斜測定となるわけだが、今回新たに誕生したのがガラス面に傾斜器を取りつけてより簡単に傾斜を合わせることができる「傾Shock」だ。

従来は盤面の釘に傾斜測定器を引っかけていたが、それによって釘が微妙に変化することを考慮して、ガラス面で測れるように改良を加え、測定部分は気泡管からデジタルへ変更した。

この一連のシステム導入によって、台の取り付けから正確な傾斜合わせまでのスピードが革新的に速められるようになった。

深夜作業になる入れ替え作業は、深夜労働手当が必要になるので、時給も倍になる。これに作業時間と作業人数を掛けたものが入れ替え作業費となる。

例えば、旧来の方法で計算するとこうなる。

時給2500円×作業時間3時間×作業人数10人×月3回(年36回)=270万円

これがどんぴしゃパーフェクトを導入することで作業時間は3分の1に短縮できるので、90万円で済む。

大手チェーンともなると店舗数も相当な数になるので、削減コストも膨大になる。ましてや入れ替え作業は恒常的に続くものである。ちりも積もれば山となるといわれるように、入れ替えコストを削減するだけでもホール1軒が建つ。

省力化のコスト以上に、傾Shockで傾斜が正確に均一化されることによるスタートのバラつきが解消されるメリットも見逃せない。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。