パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

マイナス要因を取り除くことをナゼやらない?


写真はとあるスーパーのおもちゃ売り場。

IMG_0091
プラレールの車体に何やら大きい張り紙がしてある。紙にはスーパーの店名や住所やらが書かれている。

なぜ、こんな紙を貼っているのかといえば、子供が持ち去らないように防止するためのものものと思われる。

万引きとはいわないが、分別ができない小さな子供が家に持ち帰っても、これを見た親がスーパーへ返しに来てくれることも期待できる?

ま、最初から子供を信用していない表れが出ている。

「子供の頃に楽しかった、と思うと大人になってもリピーターになるが、悪い思い出があると大人になっても寄り付かなくなる。それほど嫌な思い出は強烈で、嫌な思いをさせないことが何より重要になる」と話すのは百貨店のおもちゃ売り場のマネージャー。

この百貨店では出入り業者に覆面調査を依頼して、良かったものは1点、悪かったものには-2点を付けてチェックして、マイナスになることは極力取り除いている。

一方のホール環境といえば、マイナス要因だらけだ。

難聴になりそうな耳をつんざく大騒音、この時代に密室でタバコが吸える環境、殺人光線と揶揄される遊技機から発射される光の演出…

本来これらのマイナス要因はイの一番に取り除かなければならないが、感覚を麻痺させるためにわざとやっている一面もある。殺人光線がそう。これについては全日遊連も日工組に対して改善を申し入れている。

普通ならあり得ない環境だが、それでもリピーターが訪れるのは、パチンコには射幸心と換金があるからだ。

射幸心を煽る補助装置として騒音や殺人光線は分別をつかせなくするために必要なのかも知れないが、アンチはこれを一番嫌がっている。

「遊技として認められる理想的な射幸心のボーダーラインを業界で決めなければならない。日工組は1/300までとしているが、1/200まで下げて、確変や連チャンがなくても楽しめる1/200の機械を作る必要がある」(業界ご意見番)

パチンコ嫌いを振り向かせるためには、マイナス要因を改善した後は、アンチも認める適度な射幸性のある遊技機の開発が必要になる。

確変や連チャンがなくても楽しめる遊技機とは、まさに新規のお客さんを対象にした機械作りとなる。

マイナス要因を取り除き、ホールへ行くことが楽しく、なおかつ提供されている遊技機に適度な射幸心があれば、拒絶反応を起こしていた人たちも取り込める、というものだ。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。





今のパチンコがガラケーならスマホに匹敵する遊技機を開発中のメーカー


新聞社系のビジネス誌の記者が業界を取材する過程で、とあるメーカーがこれまでになかったジャンルの遊技機開発にチャレンジしている、という話を小耳にはさんだ。

狙いは閉塞感に包まれ、明るい業界の未来が見えてこないパチンコ業界の現状を打破すること。もし、その機械が認可されれば、他社にも特許を使わせることで、特許料収入で会社の経営基盤を盤石にすること、さらには本来の娯楽に戻す狙いがある。

以下の基準をクリアすれば、その他の遊技機を法的にも開発することはできる。

①1分間に400円の遊技料金を超えない

②1回の入賞で獲得できる玉数は15倍を超えない

③役物の作動で著しく多くの出玉を獲得できない

④役物作動で獲得できる割合が著しく大きくならない

⑤短時間で著しく出玉を獲得できない

⑥客の技量によって出玉が左右されない

⑦遠隔操作が出来ない

⑧不正改造されない

これを読み解き、新たな遊技機を開発することが本来のメーカーの姿ともいえる。しかし、残されたタイムリミットは待ったなし。1000万人のユーザーが残っている今やらなければならない。

「パチンコがガラケーとすれば、スマホに匹敵する遊技機の研究をしているようです。業界イノベーションを起こせる遊技機ですね。全く初めてのことなので許可取りも難しいかと思いますが、諦めてはいけないという思いでやっているようです」(同)

日本でケータイ電話が登場したのは、1980年代。当初はショルダーフォンといわれ、肩に掛けてまさに持ち運べる電話機だったが、庶民には高根の花だった。一般的に普及し始めたのは1990年代に入ってから。ケータイ本体の小型化が一気に進んだが、機能としては電話がメインで、それにEメールやカメラ機能が付加されて行く。

2007年にiPhoneが発売されるといよいよスマホ時代の幕開けである。2010年には各キャリアからAndroidを搭載されたスマホが発売されると、若者を中心にガラケーからスマホへの乗り換えが一気に加速して行く。

スマホはもはや掌に乗るパソコンである。スマホに搭載されている機能によって、デジカメ、ビデオカメラ、携帯ゲーム機、ミュージックプレイヤー、ICレコーダー、ラジオの代わりをスマホ1台がすべてこなす。

主戦場はインターネットの世界だ。スマホで撮影した動画をYouTubeにアップすると、プロモーション費用をかけることなく、普通の人が世界的有名人になれる。それを証明したのがピコ太郎である。

ガラケーからスマホのイノベーションをパチンコ業界でも是非起こして欲しいものだ。世代を超えて真の娯楽として手軽に遊べる遊技機は、遊技人口のすそ野を広げることにもつながる。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。





パチンコ業界の依存症対策は地方のテレビ局にも影響か?


IR法案のパチンコ業界に対する影響が日増しに高まっている。喫緊の課題はギャンブル依存症対策、いわゆるのめり込み防止対策の実効性だ。

業界は2000年代初頭から全日遊連の中に依存症問題研究グループを自主的に立ち上げ、リカバリーサポート・ネットワークを使って対策を講じている。パチンコ業界が行政指導ではなく自主的に動き出した数少ない活動でもある。

依存症対策、のめり込み対策とはそもそも自らの商売を否定するようなことだ。パチンコ業界は射幸性を煽ることで業界を成長させて来た経緯がある。それは、メーカーの機械作りからホールの営業方法まで一貫したものだった。

業界が行き過ぎないように、射幸心を抑制するために風営法がある。著しく射幸心をそそるおそれがあるものに対しては、その都度警察が取り締まりを強化させて来た。

依存症対策をホールが本気で取り組んだら店舗の拡大路線は取れなくなる。なぜなら、店舗を増やすことは、依存症予備軍を増やすことにもなる。さらに新規客を獲得するということも依存症予備軍を増やすことにもつながる。

それほどパチンコは危うい商売だったが、そのことをIR法案によってパチンコ業界は思い知らされている。

検定機とは性能が異なる可能性のある遊技機の撤去問題も昨年で一段落。機械問題では新基準機に該当しないスロットの設置比率がクローズアップされている。昨年12月1日までに50%以内、ことしの12月1日までに30%以内とする決議があまり守られていない。

なぜ、守れないかというと新基準機は純増2枚を超えないために遊んでも面白くない。新基準機は通路になるだけ。それなら、まだ旧基準機がまし、とばかりに外さないホールが少なくない。検定機とは性能が異なる可能性のある遊技機ではないので、強烈な強制力もない。

依存症対策=射幸性を落とすことの現実問題を新基準機の設置比率でホールは実感している。

パチンコも射幸性を落とすために確変がなくなることだって予想される。その場合、日工組はセブン機一辺倒からの脱却を図るために、一発機やジャン球を変形させたものを開発しているともいわれている。


パチンコ業界の依存症対策の影響は地方のテレビ局にも及ぶことが懸念されている。地方局は地元ホールのスポット広告の営業収入はありがたい存在だが、いずれ、タバコのCMのように自主規制されるかも知れない。ただでさえ、地方局は財政的には苦しいのに、大事なスポンサーが消えることは経営的に痛手となる。

日本にカジノができなかったら、ここまで依存症問題がクローズアップされることもなかった、と恨んでもどうしようもない。

射幸性が落ちて遊技人口のすそ野が広がることを…それしかない。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




パチンコLOVEな夜


メーカー、ホール、販社の社長たちが集まった宴席での出来事だった。時間が経つごとに酒が入り、饒舌になってきた。

「どんなにいい機械でもたくさん市場投入されると稼働しなくなる。1万5000台ぐらいがコンスタントに出せるのが理想。売れるからといって4万台ではない。少しずつ増台することが理想で、一気に増やすとお客さんも飛ぶ」と販社の社長が口火を切った。

「今、開発チームは4つある。メーカーは年間1機種しか30万円以上の機械を出せないようにしたらもっと面白い機械が出せる。任天堂のwiiのように新しい遊び方にシフトさせることがメーカーの仕事」とメーカーの社長が、メーカーの社長らしくない発言で呼応した。

パチンコはギャンブルといわれるようになって久しいが、「パチンコは1分間に400円以上使えないので、ギャンブルではない。遊んで楽しんで、おカネが増えるかも知れないというのが本来のパチンコの楽しみ」と持論を展開する。

話しは営業方法の話になった。

販社の社長が「16割営業にすることで、1000円のうち6割をホールは儲けることができる。等価営業はナンセンス。16割営業で1回交換にしたら、台売りは9万円、10万円と上がる。昔のパチスロは4.5.6を入れても怖くなかった。なぜなら1回交換だから。1種、2種、3種があった頃はハネモノで貯めて、一発機で勝負した。玉を出せばお客さんは戻ってくる。16割営業に戻す環境を作らなければいけない」と力説する。

2人の話にホールの社長が加わった。

「全メーカーの新台を全部入れるコンセプトのホールを作りたいと思っている。あそこへ行けば、必ず新台が打てる、と評判になるはずです。そして、差別化のために4円専門店を作りたい」

新台を全部入れるといっても1台のことが多いわけだが、低貸しが主流になっている時代に敢えて逆張りの4円専門店ということは、お客さんにとって回らない等価ではキツイ。となると16割営業の線も見えてくる。

ここでメーカーの社長が長期稼働について熱く語る。

「海はリーチになった時当たるかもしれない、という期待感がある。長期稼働する機械は引き算の美学がある。それなのに、今の機械はリーチ演出をごちゃごちゃ付け過ぎて、当たりもいないリーチばっかりでうんざりしている。足し算するのは新技術だけでいい」

話しは今やタブーとなっている釘調整の話に。

「パチンコは釘を叩いてなんぼ。朝5時からカメラを消して釘を叩く異常さは、メーカーとしても何とかしなければいけない。A,B,C,Dの型式認めさせれば、それに合わせてホールはメンテナンスできる。それをやるのが日工組の仕事。ここを逃げてはダメ」

パチンコLOVEをそれぞれのトップから聞けた一夜だった。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


脱液晶元年になるか?


高級ホテルの大宴会場を貸し切った。満を持して発表した起死回生の機種だった。業界がこの機種をきっかけに脱等価を図り、V字回復することを願ったはずだった。

ところがいざ蓋を開けてみると、販売台数はメーカーの思惑を大いに下回り、3万台を切る結果となった。メーカー自身もこれを機に販売台数を伸ばす計画だったはずだが、あてが大いに外れてしまった。

最も期待した機種が売れないとなると、以降発表する機種も鳴かず飛ばず状態である。業績が続けば、必然的に抑えられてくるのが開発費だろう。高い版権を使って映像も作り込み、ギミックにも趣向を凝らしたても、元も取れなくなるようになれば、遅かれ早かれいずれ赤字に転落する。

日報ではさんざっぱら液晶機からの脱却を図るように書いてきたが、今までの機械作りから路線変更せざるを得ない状況に追い込まれてきている。

大一やA-gonのように液晶非搭載の一発機系が市場に受け入れられていけば、メーカーも開発コストが格段に下がるというものだ。

ゲージ構成と役モノを考えることが本来のパチンコメーカーの姿だったが、液晶機になって大型版権を獲得することと映像を作ることに軸足が移行してしまっていた。

液晶機である限り、どんなギミックを使って驚かそうとも、お客は1ミリもハラハラドキドキすることはない。

前出2メーカーの一発機系は玉が大当たりに入るかどうかを目視しながら、ハラハラドキドキを感じることができる。

そういう意味でもこの手の機械開発に他メーカーもどんどん追従してきてもらいたいものだ。全メーカーからアナログ機が登場すればバリエーションも増える。初心者を呼び込むのは大当たり確率の甘いちょいパチではない。この手の単純明快なアナログ機だ。

営業方法も1回交換にして、1000円を今日の運試しに使って、さっと遊んでさっと止められるぐらいが望ましい。

安く長く遊べるという方針は依存症問題がクローズアップされる昨今、それはそれで問題になりそうだ。そのうち、長く遊べることが依存症の温床にもなりかねないと指摘されそうだ。

昼の休憩時間、会社帰りの短時間勝負で昼飯やその日の飲み代を賭けて運試しできるような機械になれば、小遣いの少ないサラリーマン客も戻ってくることが期待できる。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。