パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

出店妨害


有床診療所を使って出店妨害する発祥の地で、最もえげつない妨害が今から6年ほど前にあった。



今は出店妨害目的とみなされた場合は、警察も営業許可を出すようになったので、この手の妨害は通用しなくなったが、オーラスを飾るにふさわしい妨害劇だった。



このケースは組合単組がグルになって妨害を敢行したところがすごい。



まず、妨害する場合、直接客を取られる店がやるのだが、今回はライバルで影響を受ける店が、中堅ホールの親戚筋で、その妨害話に組合長までが乗っかってしまった。



単組内のホール数は7店舗。



新参者が立体駐車場付きの大型店を出店するので、影響は広範囲に及ぶということで組合長らが出店阻止に向けて謀議を謀る。



それを組合長が招集して組合事務所でやったというのだから驚かされる。



診療所を造ってしまえば、営業許可が下りない。幸い、近くに診療所がある。そこをけしかけることになった。



医者への成功報酬は3400万円。これを組合員で分担する話し合いが組合事務所で行われた。



7組合員中、2人がこの分担金の話に反対した。



うち、1人は店を閉めるつもりだったので最初から協力する気はなかった。



建築中のホールのすぐ目の前に、診療所が移転することになり、「有床診療所オープン予定」の看板が揚げられた。



この看板を見てオーナーはすぐに医者にアポを取った。



「6カ月待って欲しい」と申し入れた。ホールがオープンした後から診療所をオープンして欲しい、という交渉だった。



3回面談したが話は平行線。



「有床診療所をやりたくてやっている。運が悪いな。諦めてくれ」とそっけない返事を繰り返すばかりだった。



組合から金を貰っているわけだから、当然といえば当然だ。



交渉は決裂。



診療所はホールよりも先にでき上がり、開業してしまう。建築中のホールはこれで営業許可は下りなくなってしまう。



ここで、救世主が現れる。



組合の謀議に参加したホールで、協力しなかったホールが「妨害目的で組合で金を出し合った」と証言してくれたのだ。



この証言を下に地元の人権協議会へ相談に行く。



示談屋ともいわれる大物で、この人が動いたことで医者も「ホールから金をもらってやっている」自供。一端はベッドを外す。



しかし、医者はホール側に「ベッドを外すのに5000万円必要」と要求してくる始末。



ホールはこの要求を無視していたら、再びベッドを入れた。



人権協議会の大物示談屋は妨害ホールとの交渉に入った。



医者が「3400万円受け取った。領収書もある」と供述したテープを突きつけたが、妨害側は応じることはなかった。



そこで裁判で白黒をつけることにする。



診療所はベッドを入れたり、外したり、また入れたりを繰り返した。妨害のために金のやりとりがあったことも公になり、ホール側の訴えが100%認められた。医者にも悪意があったことが明らかになる。



そして、地裁判決は「無床に変更する届け出を出せ」。



予定より1年以上遅れてホールはオープンすることとなる。



親組合でこの単組の恥ずかしい行為が問題になった形跡はない。



人気ブログランキングへ



業界内のオピニオンリーダー


今から16年前、今は雲の上にいる人が「もしもパチンコがなくなったら?」というインタビューに答えたものだ。



さて、これは誰か分かるかな?



以下本文。



パチンコ屋があってパチンコ台もあるが、今のパチンコの形態がなくなる「可能性はある」と思う。



つまり、法律の改正で景品交換システムがなくなることはありえる。売上がすごく上がり、換金率というか、換金の額が高くなれば問題になるかも知れない。



換金の金額が統計で出て、トータルで年間これだけの金額が換金されているのだ、と言うのが出れば、特殊景品が超特殊景品になってしまう。



それより、換金する必要性がなくなる。



「換金があるからパチンコをやる」というけどお客の意識が変わっていくかも知れない。ゲームセンターへ行く客がいるが、横浜のカジノバーはパチンコのように景品の提供ができる。エルメスのバッグとかルビーの指輪。もちろん換金はできないが商品の魅力で結構、流行っている。



パチンコは、機械の改革をしているから続いている。いい機械が次から次に出ているから。それが証拠にくだらない機械を入れるとお客は付かない。



一概に換金はいえない。



歴史的に言うと、換金が止ったときはパチンコ屋は終わった。だから換金は大事だというが、あの当時の人達の換金に対する意識と、今の人質の意識はちょっと違うと思う。



確かに、最近でも東京・成増で換金が一時止った店では客足が落ちたが、それは換金を主体に、換金が最高のものとしてパチンコ屋を作ってきたから。



もし、「3年後に換金がなくなる」といわれたら、換金よりももっと魅力のある商品を考える。



店を閉める人もいるかも知れないが、換金に変わるもの、勝負のできるものを考える。ただ、それによって、店やファンが減ることはありえる。



パチンコ屋で取れる商品がお金以上に魅力のあるものが揃わなければいけないのが条件だけど、お金以上に魅力のあるものはない。



でも、パチンコ屋さんで言われているお金は、物を換えるお金や家賃、生活費ではない。最後に残ったレジャー費で持っている。



それで1月間レジャーをする。



次のパチンコ代のために換金する。だから換金できなくても、明くる日のゲームをするために玉が残ればいい。その玉がいずれ何かになる、というのであれば、換金して、商品に換えるのではなく、自分の欲しいものにそのままなっていけば残る。



もし、5年後に換金がなくなると言われても、今から考えていけば残っていけると思う。



法律改正に向けては、パチンコ産業に対する議員団を作って、その人達がいろんな意見を言う。ホールを上場するための換金の立法化とか。



警察、メーカーのしがらみの中で喋りあっても仕方ない。



自分の会社の利益の次元でなく、パチンコ業界全体がファンのためにどんなふうに発展すればいいのか、考える業界内のオピニオンリーダーが必要。



以上



今は業界内のオピニオンリーダー的立場になってしかるべきなのに、どうもフィクサー的動きが目立つ。パチンコ人口を4500万人に増やす、とぶち上げたまではいいが、株価が上がっただけでその後の具体的行動は見られない。



人気ブログランキングへ




大地震でも台から離れないパチンコ客心理


阪神大震災の大惨劇の記憶の中で、忘れ去られているのが1994年12月28日に起こったマグニチュード7.6の三陸はるか沖地震だ。



地震発生時刻が午後9時過ぎだったこともあり、ホールではフィーバー中の客が逃げ遅れて2人の犠牲者が出た。



大阪での放火事件は火の手の回りが早くて逃げ遅れた客もいるが、災害時でも台を離れようとしないパチンコ客心理がこの地震で犠牲者を生んだ。



12月28日、青森県八戸市の繁華街で知られる朔日町は、御用納めを終え忘年会帰りでほろ酔い気分のサラリーマンやOLで賑わいをみせていた。



その一画、六日町交差点の角地にあった「ダイエー」は、1週間前に新装オープンしたこともあって、240坪のホール内に設置された380台のうち280台がお客で埋まっていた。



午後9時19分、まさに天地をきしませながら激しい揺れが襲いかかった。

お客のほとんどが、目を上部に移したその瞬間、天井のコンクリートに亀裂が走り、白い煙のようなものがパーッと舞い散った。



それまでBGMを背景に、チンジャラの喧騒に包まれていたホール内が悲鳴と怒号に一変した。



誰彼言うともなく、「逃げろ」、「危ない」の声があちこちから上がり、客達はいっせいにイスから立ちあがった。



建物を支えていた柱がひしゃげ、それとともにズ、ズーン、ド、ドーンと何段階かに分けて天井が崩れ落ちてきた。



床に散乱した夥しいほどのパチンコ玉を掻き分けるように、身を屈め、床を泳ぐように出口を求める客でホール内は修羅場と化した。



この三陸沖地震で3階建てのダイエービルが倒壊、遊技客の32歳の自衛官と46歳の大工の2人が死亡。飛び散った玉に足をとられ転倒して骨折した2人の客が入院。合わせて10人あまりの負傷者を出す惨事となった。



亡くなった2人は、地震発生時、フィーバー中だったという。地震の発生直後、客の大半が逃げ惑う中、なかなかハンドルから手を放そうとしなかったという。



さらに、揺れが落ち着いた数10分後に倒壊したホールに入った店員の1人は、信じられない光景を目の当たりに、唖然とした。



なんと、崩れかけた天井板を片手で支えながら、パチスロに興じていたお客がいたというのである。



危険が迫りながらも、なお機械にしがみついて離れない客に店員達は一様に驚かされた。



遊技に熱中する客の優先順位は、逃げることより換金したときの金額を思い浮かべながら、打ち続けることが大事なことのようだ。



人気ブログランキングへ




顧客管理の極意


「差別化の決め手となるのは顧客管理」といいきるのは顧客管理のアウトソーシング会社の社長。



昔は顧客管理ができていないホールのDMの送り方といえば、常連客にもまったく来ていない客にも同じ文面のDMを送っていた。



それは顧客管理とはいえない。



同社のやり方はある一定の期間を設定して貯玉数の多い人のランキングを付けて、上位者には封書でDMを送る。



この際、貯玉数は多くても来店回数の少ない客はふるいに落とす。



3000人の会員数があるとして、貯玉も多く来店回数の多い客は封書、それ以外の客ははがき、と送る方法を変える。



もちろん文面も変える。



さらに来ていない客の掘り起こしもする。



来店していなくて久しぶりに来店した客には「ずっとこられていませんでしたが、ひさしぶりに来ていただいてありがとうございました」と後日お礼のはがきを出す。



DMをカウンターへ持ってくればたまごを渡す。



1パック100円ぐらいだが、これが喜ばれる。たまご作戦のリピート率は38%ほど。来たかどうかをチェックして初めて顧客管理といえるのだが、この部分が以外となおざりにされている。



さらにDMは配達指定を使う。新装開店に絶対間に合わせるため。+30円余分にかかるが、客からすれば大事に扱われている気分になる。



人気ブログランキングへ



業者の非業な死


事件が起こったのは12月29日の深夜だった。ホールの忘年会が開かれ関連業者が宴席に招かれた。



悲劇は2次会のスナックで起こった。



酒が入ると凶暴になるオーナーだった。酔った勢いで業者の一人に工事代の金銭面で難癖をつけてきた。一方的に激高し、こぶしで顔面を殴られ、業者は床に倒れた。



その弾みで胃の中のもの逆流し、窒息だった。



0:17 救急車が到着。



0:37 心配停止状態。



1:30 搬送先の病院で死亡が確認された。



2:00 傷害致死容疑で加害者の身柄が確保された。



業者が所属していた会社の社長は、真相を知りたいと思い、同席していた業者やスナックのママに事情を聞いたが「見ていなかった」と誰もが固く口をつぐんだ。



業者やスナックのママにすれば加害者は大事なお客さんでもある。加害者が不利になる証言もしたくないし、事件に関わりあいたくない、というのが本音のようだった。



社長はいう。



「26年間商売してきて土下座させられたことは何度もあるが、殴られたことはない。死んだO君はぶっきらぼうで口は悪いが、それだけお客さんに対しては必死だった。責任感は人一倍強かった。そうやってお客さんに信頼感を植えつけていった。入社して11年。最初は工事部隊で入ったが、この1~2年で満足してもらえる営業マンになっていた。『社長を出せ』といわれなくなった矢先の出来事だった。本当に悔しい。両腕をもがれた思いだ」



刑事、民事の両面で弁護団を組んで真相を解明していく、と意気込んでいたがうやむやに終わった。



人気ブログランキングへ