パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

無人化の流れの中でパチンコ店も?


あけましておめでとうございます。
元店長です。

2017年が始まりましたが、
皆様は新年をどのようなお気持ちでお迎えになりましたか?

今年は、間違いなく景気が上向きになるでしょう。
戦争やテロや天災がない限り、昨年から始まったトランプ景気が今年も続きます。
トランプ景気やトランプさんのこの先は、不透明な点は多いですが、
これから、一、二年は、景気は悪くなりません。

アメリカの財政出動や、世界有数の石油産油国になったアメリカは、石油産出量を拡大傾向に舵をとり、アメリカ経済は豊かになるはずです。日本は、新規発行国債をバンバン日銀が買ってくれて、金利が低下、円は円安になり、株はアメリカ株に引っ張られるでしょう。

とは、書いてみたものの、経済アナリストの予想はそんなに当たりません。
が、トランプ一年目から数年は、アメリカの経済上昇するでしょうね。
日本も今年は大きな選挙がありますから、経済は上向きになるでしょう。

だから、2017年はパチンコ業界にとっては、安心してられるでしょうね。

昨年末、超大手シンクタンクのセミナーに参加しました。実はコネで参加出来たのですが、通常は一般人は参加出来ないセミナーで、ご厚意により参加出来たんです。そこで聴いた内容の極一部を書いてみます。

この先10年20年後にかけて変わり行く様々な業界の話が出ました。

コンビニ業界。
店舗形態が二極化するようです。

①現行型コンビニを進化させた店舗。
②無人型店舗。

②の無人型コンビニは、ミニコンビニといいますか、分かりやすく言うと、自販機主体コンビニと書いた方が分かりやすいでしょうか。

このシンクタンク調査員によると、この先の高齢化社会を踏まえ、高齢者は半径1km以上先には買い物へ行かない傾向がある為、無人型コンビニが増えると言うのです。

これは間違いなく起こる現象のようで、コンビニ企業幹部が明らかにしておるそうです。
①と②が混在して私たちの生活を助けてくれるわけです。

今あるコンビニの商品が、自販機から取り出せる時代になれば、無人型ミニコンビニを設置しやすくなりますし、人件費も掛からない訳です。無人型ミニコンビニを遠隔カメラで見張り、定期的に商品を自販機に打ち込むだけなので、経営は楽になります。

ここでイメージして下さい。
無人型ミニコンビニの自販機は、今の自販機のイメージとは違います。
もっと明るくて、未来的な自販機。
全面ガラス張りだったり、、、。
今は見慣れた、綺麗なコインランドリーですが、昔は暗いイメージのコインランドリーがほとんどでしたよね。

コインランドリーと無人型ミニコンビニが合体する可能性もあります。
他には、セルフサービスのガソリンスタンドと無人型ミニコンビニが合体する可能性は間違いありません。

そうなんです。
無人型、つまり従業員の無人化がこの先のキーワードです。

シンクタンク重役は、パチンコ業界関連企業の重役から、こんな話も聞いています。

それは、無人型パチンコ店舗です。
500台規模のパチンコ店舗ならば、従業員を二人で回せる為の未来型パチンコ店舗の出現は可能だと言うことです。
法令の改正などの壁はありますが、封入式パチンコや封入式スロットが認められたら、それがその第一歩となるでしょうか。

高齢化を睨み、無人型ミニコンビニのように、無人型ミニパチンコ店舗が出現するかも知れませんよ。

私の親戚がパリに20年以上住んでますが、日本よりパリが進んでいるのが、スーパーのレジだそうです。
パリの方が無人型レジが多い。

日本のスーパーのレジも10年しないうちにセルフレジが普通になるでしょうね。
イオンでセルフレジがありますが、イトーヨーカドーはまだまだセルフレジが無い。
レジ係りの採用に苦労しているスーパーには、外国人が相当入り込んでいるくらいです。

ガソリンスタンドが有人とセルフサービスが混在する様に、コンビニやパチンコ店でも混在する世の中になるのです。

ホール経営は、将来間違いなく少数のスタッフで運営出来る時代が来る!とパチンコ業界企業の幹部は話していたそうです。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


客目線を忘れていませんか?


寒中お見舞い申し上げますm(_ _)m
元店長です。

何年も前に、元マルハン女化店の看板について寄稿したことがあります。
古い読者の皆さまは覚えてますよね。

あの時は、
マルハンは業界のリーディングカンパニーなので、あえてしっかりして欲しいと思い書いた寄稿です。

元女化店は、
閉店後しばらく経っても、看板はマルハンのままでした。
これにより、一部の人は様々な思いを巡らしました。
指摘後、看板は白くなりました。

小さな配慮に欠けていたケースでした。

この元女化店と同じように、小さな配慮に欠けているケースを今回も指摘させて頂きます。

マルハン町田店が、来年1月9日で完全閉店します。

マルハン町田店は、グランドオープン後は、一時閉店したり紆余曲折あったホールでした。

試行錯誤して万策尽きて、今回完全閉店に至ったのでしょうか?

私も3度程視察遊技いたしました。素晴らしい店舗でした。

そんなホールが、P-worldに閉店の案内を掲載しました。

その画像が、下の2点です。

まず1枚目。

img_5823

この画像に違和感を感じたお客様がおります。

どう見ても変!

閉店は本来残念な話です。
ホール会社側にとっても、お客様にとっても、立場が違っても喜ばしい事ではありませんよね。

なのに、この画像の中では、多数の風船が描かれてますよね。

また、赤字で閉店と大書きされております。
これは、どうみても開店を思い起こすレイアウトではないでしょうか?

2点目。

img_5824

この画像は、貯玉と貯メダルの精算について書いてあります。

この精算は、閉店前に店舗で行えれば問題はありません。
しかし閉店後になってしまった場合は、お客様側にとり面倒臭い。

こんなケースが、過去にありました。

あるホールの閉店に気がつかないお客様がいました。
長年そのホールに通っていたお客様でしたが、健康面の問題から、長期入院長期療養をすることに。

体調も良くなり、そのホールへ行くと、完全に閉鎖。

さー困った。
私の貯玉はどーなるの?

と、なりますよね。

後始末する会社の連絡先をホール運営会社から聞いて、そこに連絡すると、全ての貯玉は、限られた一般商品から選ぶものでした。

約6000個の玉を、限られた商品から選ぶ。
当たり前の事ですが、大量の一般景品には困惑したといいます。
今は分かりませんが、当時は、例えば1000個セットみたいな商品と交換してましたね。

つまり、
本当にお客様側に立ったお知らせならば、
もっと違う文面が書けるはずです。

手間がかかり迷惑を被るのはお客様なのですから。

リーディングカンパニーには、他の同業者の参考になる手本になってもらいたいものです。

ついでに書いちゃうと、
マルハンさんには、色々としっかりして頂きたい面が多数あります。

トイレの石鹸が長時間切れているとか、
駐車場のこととか。

お客様目線を今一度見つめ直すのが良いかと。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。





業界はバーバリーを失った三陽商会の轍を踏むな!


元店長です。お疲れ様ですm(_ _)m。

川上、川中、川下。

商売で要になるのは、川上と川下であります。

川中は、無くてはならない場合と、無くてもよい場合があります。

今回は、川上と川下の話をします。

私がサラリーマン時代に出入りしてました会社に三陽商会がありました。

三陽商会と言えばバーバリー。
昔は活気ある会社でしたが、、、

イギリスのバーバリー社とのライセンス契約が切れた三陽商会の業績は2016年1~6月期に58億円もの営業赤字になりました。

昨年6月にバーバリーとのライセンス契約が切れてから三陽商会は、危機的状況であります。
バーバリーの後継ブランドが振るわず、業績が悪化しているのです。

ライセンス契約とは、一歩間違えば、業績に大きな影響を及ぼします。

遊技機メーカー奥村遊技機とも関連が深いミツワ自動車がある。
昔ポルシェの日本総代理店として名を馳せた会社です。

しかしドイツのポルシェ社は、ポルシェジャパンを設立するからと、ミツワ自動車から総代理店権を取り上げた。

その後ミツワ自動車の業績は危機的に悪化して行く。

このミツワ自動車と三陽商会の流れはほぼ全て共通してます。

川上が絶対有利な状態のケースではよくあり得ます。

イギリスのバーバリー社は、三陽商会のブランド戦略に何らかの方針違いがあったのだろう。日本国内においてバーバリー社主導で販売することとなったようです。

自分の独自ブランドを持たないと、足元をすくわれる例ですね。

これに似たことは、パチンコ業界でも起きる可能性は高いと思います。
川上が強い立場のパチンコ業界は、抱き合わせ販売や機歴販売がまかり通っていた。
昔は、ホールオーナーが、販売力を持つ遊技機営業担当者を接待して、欲しい機械を売ってもらっていた。

そのまた昔は、遊技機営業担当者が、ホールへ日参して機械を買って頂いていた。

時代はまわるのです。

パチンコ業界の川上と川下で立場が変わる日は来るのか?

三陽商会がバーバリーを失った。

三陽商会の例と多少違いますが、
チョット置き換えた話を書いてみます。

パチンコ業界が確変を失ったらどうなるのか?

実はパチンコ業界は、いつどうにかなっても不思議ではないのですね。

確率変動がなくなる日。

日本国内のカジノの出方次第で10年後に確変が無くなっている可能性を考えたことありますか?
何故、昔、確変が認められたのか?その原点に立ち戻れば、10年後に確変が無くなっているかも知れません。

つまり砂上の楼閣なんですよ。

利益調整の為の釘調整が違法?
メンテナンスなら適法?
釘調整がなくなる日が早いか、確変がなくなる日が早いか?

将来、パチンコで確変が無くなったり、大当たり後の電チュー開放が禁止されたり、スロットは全てAタイプのみになったり。

そうならない為に業界がすべき事はなんでしょうか?

書類上の三店方式でも実際は二点方式になっているケースはいくつもあります。
これを含め、様々な点で、業界は気を引き締めないと!

国内でカジノ開業後数年で上記のことが懸念されるかも知れませんよ。

ホール業界は、ホール専業が多いですよね。
専業ホールが確変が無くなったパチンコで食べて行けますか?
確変が無くならなくても、無くなると仮定して、経営戦略を立ててみませんか。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



手打ち式のハネモノで技術介入を


元店長ですm(_ _)m

先日エントリーした寄稿、手打ち式第2弾に対しての私の主観を書いたものをご高覧頂きましたあるメーカー開発担当者が、面白い視点でアイディアを出してくれました。

開発担当者との会話で私も色々とアイディアが思い浮かんだのは言うまでもありません。

そのメーカーでは、手打ち式を出す予定は全くなく、開発担当者は業界の多様性を重要視する観点から、アイディアをAgon様へ伝えて欲しいとの事でしたので筆をとりました。

簡単に書きますと、日本初の《手打ち式による電役機》です。
開発担当者数名の雑談から出たアイディアですが、雑談レベルですから、内容は曖昧です。

検定通過の可能性は別として、イメージは、例えば、羽根モノの手打ち式とか、または、先日私が寄稿した内容の、アナログ式抽選の円盤を利用した手打ち式なんかを利用する。

これぞ本当の技術介入になるのではないか、と思います。

つまり、ハンドルを捻るだけでは単純な技術介入でしかありませんが、手打ち式で電役や役物を狙うならば究極の技術介入になる筈です。

パチンコファンは、単純化された抽選箱=現代のパチンコより、自分の技量を活かせる機種を欲しているのではないか?と言うことです。

昔あった、アレンジボールや雀球、スマートボール、を覚えている往年のファンなら分かると思いますが、一球一球大切に玉を弾きましたよね。

これらの機種は全て手打ち式でした。

そうです、本当の意味で技術介入が出来る現代版手打ち式を開発してみるのです。

チューリップだけでは、従来のパチンコの発想から抜けられません。つまり古臭くなる。
第1弾の機種名は《昭和物語》。このコンセプトは昔のままで良かった。

しかし手打ち式が生き残るには、このコンセプトだけならば飽きられます。飽きられると言う事は手打ち式が無くなるということ。
多分手打ち式メーカーはもう出てこないでしょう。

今こそ、本当の技術介入機種を開発する時です。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。







A-gonの手打ち式第2弾を打った感想


元店長です。A-gonの第2弾の新機種「ハッピークルーン物語」を打った感想を書こうと思います。

第1弾の手打ち式のレポートをパチンコ日報に寄稿しましたが、その時の内容は概ね好意的な内容でした。

しかし今回は、その逆の内容です。厳しい内容を書きますが、これは次回作に向けての期待の表れと思って読み進んでください。

今回の機種を打った最初の感想は、企画・設計ミスだと思いました。寄稿せずに無視するかどうか悩みました。良いも悪いも無視される事が一番メーカーにとって辛い事と思い筆を取りました。

まず、第2弾は期待外れで、ホールは欲しいと思わないでしょう。もしも買ったホールがあれば、挑戦的なよい意味でホールは買った筈ですから、メーカーはそのホールに足を向けて寝てはなりません。

さて、本題です。

①なんだこれ?クリーンの位置が高すぎる!

img_5154

最初の違和感は衝撃的なものでした。私の身長は173センチで座高は平均以上に長い。なのに! クルーンに乗った球の動きが、座って見れないではあーりませんか!

クルーンに球が乗ったら、中腰にしないと球の動きが見えない。こんなのバカじゃないか?と思いましたよ。173センチの私がクルーン上の球の動きが見えないと言うことは、大多数の遊技者が見えないということ。

私の身長より低い大勢の高齢者の大半は見えない。クルーンの高さが私の目線と同じなんですよ。これでは、球の動きを楽しめない。

何故メーカーは、こんな単純なミスを犯したのか? それは、第1弾の機種の機構を流用したからです? 違いますかメーカーさん?
三連チューリップの位置からクルーンの高さを決めるしかなかったのでしょうね。

ここで疑問。
三連チューリップの位置を動かさない設計を決めた時何故クルーンを選んだの?と聞きたい。クルーン上に球が乗る度に、椅子から尻を離さないと球の動きが見えないのはクルーンの役物の良さをまったく引き出していません。

②初心者には難しく感じるゲージ。

img_5156

基本的に天穴を狙うゲージは、初心者はもとより、手打ち式経験にも難関に感じます。

理由は幾つかありますが、簡潔に書くと、昔の手打ち式と違い、今回の手打ち式は球のコントロールがやり難く、中々一定の位置に連続で打ち込めない。そんな手打ち式なのに、天穴を狙わせるゲージは止めるべきですね。ストレス感が増して長時間打つのがシンドイ。

③チューリップが真ん中の三連しかないのがダメ。

狙うのが難しいゲージで、チューリップが中央の三連しかないと、打ち手は球の流れを目で追うことが単調になり面白さが半減以下になる。
袴下やサイドのどちらかにチューリップを置くべき。

提案1
クルーンはもっと下の位置に。

提案2
指掛け棒の長さをあと3センチ長く。

img_5155

提案3
三連チューリップ周辺のゲージは、三連チューリップ下から入りやすい設計に。

提案4
手打ち式が打ち難いのですから、発想を思い切り転換して、ゲージ設計を、ゴム打ち=右打ちで遊技することを念頭に考える。
つまり通常はゴム打ち、チューリップが開けば左打ちや真ん中打ちもありとする。

提案5
チューリップが昔のオーソドックスなチューリップ過ぎる。チューリップ台を謳うのであれば、もっと斬新な形のチューリップに。

提案6
今回の効果音は、各種の動物の鳴き声を取り入れ、本当に良く設計されていると思うが、私が打ち手なら、もっと面白い効果音を考える。

例えば、効果音を人間の言葉で話す。
「もっと入れてー」
「入ったー」等、

可能ならば、男性の声や女性の声を選択出来るようにする。加えて、関西弁バージョンとかあれば絶対に面白い。

色々言いたい事はありますが、今回はこの辺で。

最後にメーカー様へ。

第三弾が今までと同じ発想ならば、後が無くなりますよ。
期待しております。
ファイト!!p(^_^)q



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。