パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

厳重注意! 暴力団がらみの不正は骨の髄までしゃぶられる


週刊誌の編集者やライターと裏社会を取材した時に、様々な収入源や仕事を見聞きした。裏カジノや裏スロット店、中には裏パチンコ店もある。その筋は、暴対法で多くの収入源を断たれた代わりに、裏カジノや、海外へ進出して莫大な収入を得る稼業に進出している。これらは薬物ではない。

裏社会の売り上げには、税金が掛からない。

だから、カジノ法案が通りカジノが開業されたら、今までザルから漏れていたカジノ資金に税金をかけることが可能になる。東京にカジノが出来れば、裏カジノは壊滅的になるから、その筋は儲けられる内に儲けておこう!となる。

都内には裏カジノが100から150軒あると言われている。新宿や池袋、錦糸町、有楽町や三多摩地区まで、ありとあらゆる場所にある。神奈川や千葉や埼玉にもある。

裏カジノとパチンコは、重複する領域は少ないが、パチンコ関係者が不正に手を染めた場合、裏カジノに関わる輩が必ず現れるだろう。

裏カジノの裏には必ず暴力団がいる。その暴力団が裏カジノがダメになった時、パチンコ関係者を仲間に入れようと、ありとあらゆる手を使って、蠢いている。もちろん彼らは、最初から暴力団と分からないように忍び寄る。ハニートラップを仕掛けてくることもある。

設定漏洩に手を染めたりするパチンコ関係者のしっぽを掴んだ暴力団関係者が忍び寄り、やがてその不正から抜けられなくする方法は、考えるだけでも恐ろしい。

実際に千葉県内で不正をしていた店長が体験した話を紹介する。文章を読むだけでもおぞましいので、肝っ玉に自信がない人は読まないで欲しい。不正から抜けたくても抜けられなくなった話だ。

スロット設定漏洩を複数店舗で行っていたホール関係者は、これ以上はヤバイし、金も貯めたから、不正から足を洗う決心をした。

打ち子関係に、その旨を伝えた後に、ある輩が「いやいや、もうチョット続けて欲しい」と言ってきた。

断ると、ある写真を見せられた。

写真の内容は、グチャグチャになった右手指先が写り、再生不可能な状況であった。この写真を写した時の動画は見せられたが目を開けられなかったと言う。

輩が「これパチンコ屋の店長の写真なんですよね。この人、二度とハンマーを握れなくなっちゃったんですよ」と言ってきたのです。

つまり、いまあなたが抜けたら、あなたもハンマーが握れなくなりますよ、と言うことなんです。だからね、パチンコ関係者は、絶対に不正に関わってはなりませんよ。中々抜けられなくなり苦労した経験者は大勢いますから。

指先の写真を見せるなんて序の口で、多様な脅しを持つのが裏稼業の方々で、いつどこで裏稼業の方々につながるか分かりませんからね。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える



※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。






情報漏洩事件に寄せて…最終回


先日はカジノの話をしました。また、ホールにおける不正の話をしました。
何故でしょうか。理由はあります。

本当ならば、不正の話をもっともっとしたいのです。不正話を紹介することにより、より一層防犯意識が理解出来るからです。

今回のシリーズは今日が最終回となります。
企業研修で話す内容を簡潔に書きますのでご高覧ください。

カジノのテーブルゲームで不正が行われない為に、どうやって監視して、どのような方法をとっているのでしょうか。

防犯カメラが設置してあるのは誰でもわかりますよね。

カジノのゲームテーブルには、1人以上の従業員が立っています。

ルーレットやカード。

そのテーブルを支配して、お客様を遊ばせる人をカジノディーラーと言います。

カジノディーラーを監視するのは、スーパーバイザーで、スーパーバイザーは4から10くらいのテーブルを見ています。

スーパーバイザーの上は、ピットボスと言います。ピットボスは、20から30台くらいのテーブルを管理します。

ピットボスの上には、シフトマネージャーがいて、その上には、ゲームマネージャーがいるのです。

それぞれの役職が、下を監視する役割で、不正や売上や利益の管理をしてるのです。

大手ホールから弱小ホールまでを見てみると、カジノの様な管理システムが出来ていないのが大半なんですよ。

ここまで読んで、ホールオーナーや本部長は、自分の会社のシステムを思い出して下さい。あの大手だって、まだまだな管理状況でした。

スロットの設定内容を知る店長クラスが、不正に手を出しかねない状況が大半のなんですね。つまり大半のホールは、店長は不正しない!との性善説になりたっているわけです。

もっと話を展開して、ホールオーナーや本部長に次の質問をします。

Q1
店長にホール運営の権限が集中してませんか?

Q2
店長の上司のエリアマネージャーは、どうやって店長を管理していますか?

Q3
リスク分散を考えてますか?

Q4
店長の人材教育に偏りや不備がありませんか?

Q5
監視カメラを日々活用してますか?

Q6
店長やエリアマネージャーの評価を、売上や粗利や稼働に重点を置いてませんか?

まだまだ質問はありますが、とりあえず上記の質問を考えてみて下さい。

カジノの話に戻します。

私がテーブルで勝ち出すとスーパーバイザーやピットボスが指示を出して、ディーラーをチェンジします。早いと5ゲームくらいでディーラーを代えたりします。

そうやって客との不正を防いだりしています。また、客がディーラーの癖を読み取れないようにしているのです。

ホールはどうでしょうか?

パチンコ業界は旧態依然とした面が結構残っていて、店長に権限が集中しすぎています。

小売スーパーと違い、同じ店長職でもパチンコ店長は大きな金を店長の意思一つで動かせてしまうので、ホール店長への権限集中は見直すべきです。

あるチェーン店で役員まで登った人の管理術は素晴らしいケースがあります。その人、実は店長時代に散々不正をしてきたから、その経験を活かしてるのです。どうしたら、部下が不正をしないか、よくわかってるんです。

その人の持論は次の通りです。

①店長には権限を集中させない。

②相互監視をすることで、みんなが幸せになる。

私が指導したホールには、店長に権限を集中させないようにしています。方法はホールそれぞれ事情に合わせます。

差枚数が大きなスロット台を、常に録画をして、遊技客の顔を管理したり、閉店後に抜き打ちで、スロット台の設定内容と設定帳を照らし合わせたりする。

あるホールでは、表面上はわからないようになってますが、実質二人店長制にしています。

とにかく、1人の店長に権限を集中させると、人事管理や店舗管理に不都合が生じるのが、ホール運営なんですよ。

4号機時代に、打ち子の親玉と結託して月500万円以上を手にした店長がいました。

店長職は疑われて当たり前の職です。

ホール運営とはそういうもので、昔と違う状況ですから、ホールの管理体制を見直す時が今です。

今回のLINEの流出から表に出たケースをきっかけに、自分のホール企業のチェック体制を見直してください。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



情報漏洩に寄せて…④


自慢でも何でも無いのですが、私は昔々ラスベガスのカジノホテルの少しレベルが低いVIPでした。

フラミンゴヒルトンでVIP認定を受けた後、フラミンゴヒルトンにいた顧客係アンディがベラジオに移り、ベラジオから招待状が来たりしました。アンディとは親しかったから、カジノの話は色々聞きました。

パリスが開業する時も招待を受けました。

カジノってセキュリティが厳しいんですよね。カリビアンポーカーで遊んでいた時、4カードを出しました。すると、テーブルの流れが全てストップしました。他の客も待つしかない状況で、ストップの理由を聞きました。

理由は、不正が無かったか?ビデオチェックをしているとのことでした。待つこと10分。不正無しと確認され配当チップを受け取ることが出来ました。

また近くのスロットで、日本人のご婦人が日本円にして1500万円の配当を当てました。余談ですが、この時は約30分待ち。ネバダ州住民でないご夫人は配当から税金を30%を払うことの説明を受けました。結構もっていかれますよね。

話を戻しますね。

私は一週間でルーレットだけで1000万円以上儲けたことがあります。ルーレットは得意で、勝つ極意があります。

その方法は長くなるので、簡単に書きますが、

①ディーラーが球を投げる前には絶対にチップを置かない。
②ルーレットの数字1~36と0と00の配置を全部記憶する。
③ルーレットの数字の配置を6分の1に区切り、グループ化する。
④どのグループに球が落ちるか予測する。

これで勝率は格段にアップします。

つまり、その逆を見てみると、ディーラーは数字を狙うことが出来ると言うことです。まぁ下手なディーラーには無理ですがね  笑。

つまりセキュリティが万全なカジノも隙があるんですよ。この意味を想像してみて下さいね。

ではホール運営では?

ホールの設定の入れ方の癖を感じて勝つプロがいたりします。そのプロの裏をかいて設定を入れる店長もいたりする。

それだけならば不正になりませんが、その流れで不正を疑われるホールもある訳です。

いいですか、全国のホール店長は、疑われるのが仕事でもあり、給与には疑われる代償も含まれているのですね。だから、今回の寄稿に頭に来ている業界人は、その点も含めて考え直してください。

大半のホール責任者は、真面目に働いています。しかし隙もあると言うことなんですよ。

その隙を、店舗責任者とオーナーサイドが、協力して埋めるしかないのです。

つづく


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える



※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。





情報漏洩事件に寄せて…その③


先日こんな報道がありました。

「JAのコメ」に産地偽装の疑い、魚沼産に中国産混入(ダイヤモンド・オンライン) – Yahoo!ニュース

JAの米に中国産米が混入されていたとのこと。以前は、国産米使用とうたわれたイオンの弁当やオニギリにも中国産米が使われていた事件もありましたね。

また、全国で名前が知られている大手小売業では、こんなことがありました。

お惣菜の製造時間と消費時間が、本来よりも先送りした時間を表示してました。その期間は2年間。2年の間に店長には3回指摘をしたのですが、毎回店長は手違いだと言うだけ。その証拠映像を私は所持しておりますが、3回目の時は勘忍袋の緒が切れて、保健所に通報しました。

即日保健所が立入検査を実施。この小売店は、消防法違反も常態化しており、それも保健所通報と同時に消防署に通報したのです。
結果この店舗は、同日同時間に、保健所と消防署の抜き打ち査察を受けました。これは市民複数が証拠画像を地道に集めた結果です。

しかし、その大手小売業は、その市民を警察に訴えたのです。訴えた理由は、詳細にここで書けませんが、圧力をかけたわけです。証拠画像は、営業1号さんには見てもらってますから、嘘ではないのです。

つまり、不正はどこにでもあるんですね。パチンコ業界だけでなく、どんな業界でもあり、それは発覚されなかったり、報道されないだけなんですよ。

大手小売業の不正や違反も、大手マスコミに持ち込まれましたが、大手小売業が莫大な宣伝費を大手マスコミに落としているので扱うことはありませんでした。

姉歯マンション事件だって、たまたま出た不正ですよね。

不正はどこにもあるもので、常にその不正に目を向ける体制が必要なんですよ。

ホールの副主任が、常に不正に目を向けていたので発覚した事件がありました。私はその店に出入りしてましたから、その事をチョット書いて見ましょう。

全国的には上位20社に入るチェーン店の話。

スロットを大量導入したのですが、大手メーカーのスロットを扱う販社の人間が立場を利用して情報漏洩をしていたのです。毎日毎日出ている新台に同じグループの人間が座っていたのを、副主任が気付きました。

販社の人間は、稼働や割数を安定させる為に、店舗に張り付いていました。これは会社役員から承認されていたのです。

設定は店長と販社社員しか知らない。店長は販社社員の仕業だと断定。役員にその事を報告して、販社社員の張り付きを即日中止。すると翌日から、そのグループはパタリと来なくなりました。

世の中、不正や不条理だらけです。

その不正をどうやって防ぐか、それが問題なんですね。

つづく


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



情報漏洩事件に寄せて…その②


ホール会社役員から信頼を得ていた店長や役職者の一部が、会社や役員を裏切っていたわけです。人事部長やその部下達が不正に手を簡単に染めていたのですから、社長や専務や常務もコロッと騙され続けた。

夜間に店舗内に簡単に出入り出来る役職者が、機械台に細工をするのですから、つまりその会社には簡単に細工できる環境があるわけです。

ある日、初代ダイナマイトの裏基盤を取り付けることになりました。しかし異常信号が基盤から出ているようで、ナンバーランプが異常発報して大変な事態に。当時の不正メンバーの話によると、その夜、ダイナマイトの裏基盤を作った連中が現場から逃げ出し、払った裏基盤代金を払い戻してくれる訳でもなく、大損害が発生したそうです。

一時期、閉店後のホールに、中国人が忍び込んだ事件が多発した時、自店舗に仕掛けられた不正基盤やぶら下がりと呼ばれる不正部品などは、みんな中国人を含む外国人の仕業と思い込んでいたのが命取りになったホールは結構あります。

まさか自分の会社内に犯人がいたとはねー。

当時の話はまだまだ出てきます。

ある日、店長の所にやってきた怪しい人物の話。

怪しい人物の下っ端が来て、話の地ならしをして帰りました。地ならしの最後は、次に打ち子の親玉がいつ店長の所に来るか日取りを決めました。

そして後日親玉が来店するのです。

ある日、店長から呼ばれた人物は、これから不正話を持ち込みにヤクザが来るから、ロッカー内で隠れて見て聞いて、証人になるよう言われました。

約束の時刻に現れた人物はひとりで来店していきなり、
「よう!店長よ、源さんに裏を入れさせてくれよ。20台全部に入れさせてくれたら、手付けに200万払うよ」と。

条件は、手付け200万円、儲けの25%バック。
裏基盤はセット打法基盤。1日あたり抜くのは、1台最高10万円まで。台数も5台まで。合計で20万円以上は抜かない。

そんな誘惑はストレート過ぎるが、ヤクザや打ち子の親玉から、ハニートラップを掛けられて不正に手を染める店長もいました。

兎にも角にもホール業界は、昔から悪魔の囁きがよく聞こえてくるものでした。

昔の業界の感覚は、今の時代と照らし合わせると、完全に麻痺していたということです。

不正基盤は、ホール自ら設置することが非常に多かった。

えっ?と、思わないで下さい。

現金機時代のぱちんこも、スロットだってついこの間まで、裏基盤がゴロゴロありました。そうです、連チャンさせる基盤ですよ。

お客様は連チャンする台を望みました。だからホール側は自らの売り上げアップの為とお客様の嗜好に合わせた激しい波のある裏モノを入れたのです。

私が店長をして間も無い頃にこんなことがありました。

徹夜で新台を設置した後に、パチンコ周辺機器を製造するメーカー社員がやってきました。理由を聞くと、常務からの依頼で来たと。直ぐ常務へ連絡すると、彼らに任せておけ、との指示。

彼らは、基盤をいじって帰りました。彼らの会社は、その台の基盤だけを作り、一流メーカーへ卸していたのですね。

その新台は見事に連チャンするようになりました。

スロットだって連チャン仕様が全国を席巻、連チャン性がないスロット機種は見向きもされない時代でした。

遊技機メーカーだって、連チャン仕様を多数出してました。

メーカーやホールは、連チャン仕様の機会を開発して設置する。

裏家業の連中は、セット打法が出来る裏基盤モノを設置する。こんな時代を過去に経験した業界ですから、今から思えば狂時代ですよね。

バレなければ、やりたくなる業界のDNAは、こんな時代の流れから出てくるのです。そのDNAが、今回のLINEによる情報漏洩事件につながったわけです。

続きはまだありますが、その前に、こんな疑問が生まれました。

今回のLINE情報漏洩事件が起きた会社は非上場企業でしたが、これが上場企業で起きた事件ならば大変なことになっていたはずです。経営者が記者会見をすることになるでしょう。

今頃、上場企業経営者は、自店舗の管理強化を指示しているはずです。
情報漏洩の隙だらけの業界が上場するには、よほどしっかりした体制がないと、いつ起きてもおかしくない事件がLINE情報漏洩事件。

つづく


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。