パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

今のパチンコの病理とは


シンプルに考えてみよう。



アナタは月に3万円の小遣いを貰う、妻子持ちのサラリーマン。そんなアナタは今の4円パチンコが打てますか?



当然その3万円には1カ月の交際費とかも含まれてるワケで、全額パチンコにブッ込んでしまうのはあってはならない事。



そんな状況で、夕方に退社してから本当に「今日もパチンコ屋寄ってから帰ろう♪」と思えるのか?



これが斜陽産業に成り果てたパチンコ業界の全てを物語ってるんじゃないのかな。



案外誰も文字にしてるのを見た事ないんだけど、甘デジでもMAX機でも、当らなければ金使うペースは同じという事実。



平均初期投資額とか客滞率とか、店から見ての数値的な違いは明白なんだけど、打つ方から見ての感覚的なモノだけで語らせて貰うと「ペロッと1万やられる」ってのは大差ないんだわ、残念ながら。



ここに今のパチンコの病理が凝縮されてるんだよね。



「だから今は1円パチンコがあるんじゃないの?」



ここまで読んでそう思った方も多いでしょうけども、あくまで店での扱いが客にとって適正な場合にのみそれは正解。



どういう数値が適正なのかって話は割愛するが、1円パチンコが誕生した当初の「4円パチンコへの導線」・「4円パチンコのおまけ」として粗利を重視されなかった存在意義は跡形も無い。



今や1円パチンコは店の延命手段でしかなく、業界全体を考えた場合に店側・客側、はたまたメーカーにとっても破滅に向かっての痛み止めにしかならない。



パチンコを自分で打たないけど、イイ大学出た頭の良い方々が数値を分析してあーだこーだと能書き垂れて、数字的に最後の帳尻だけ合わせていった結果が今なんだよね。



不景気がどーのこーの…



他の余暇産業がどーのこーの…



言いますよねぇ、お偉い方々は。



でもそんなの関係ねぇ!パチンコがもっと魅力的で、本来の大衆娯楽の側面を失わなければここまで打ち手は減ってねぇYO!



まぁね、実際は関係ないことも無いとは思いますが、それくらい跳ね返すパワーはあったんですよ、本来のパチンコって。



4円パチンコでの大衆娯楽への原点回帰!



全てにおいてコレを掲げて改革していかなきゃならんと思うのですよ、ボクは。



機械的には最低賞球を引き上げて、当らなくても最低遊べる時間を引き延ばすのも良し、ホール経営的には機械代強制圧縮の方向で強烈な圧力を創造するとか、もっと打ち手の方にお金が回る状態に戻していくのが今の世代の絶対的使命だと思うんだ。



あと、ココ十数年で決定的に間違ったのは「間違った社会進出」ですよ。



ボク自身色んなトコで書いてますが、パチンコはその存在自体がグレーで、その立場をわきまえて来たからこそ生き残り繁栄してきた産業だと思う。



非常に言い方は悪いですが、社会の端っこで世捨て人みたいな立ち位置がパチンコ業界にとって適正なんです。



三店方式や釘調整の問題、その他山盛りのグレーゾーンがクリアにならない限り、世間一般からみたら真っ黒クロスケなんだわ。



そんな状態で社会に向けて「ボクらは真っ白デス」みたいな主張を展開して社会の真ん中に出て行こうとするから当然叩かれる。



「なに調子乗ってんの?」ってね。ほんと当たり前だ。



ちなみに某大手の株式上場も、個人的にだがボクは大間違いだと思ってる。



さりげなく売っちゃいけないケンカ相手に売っちゃった感アリアリだが、気にしない気にしない。ケセラセラ。



でね、結局南極何が言いたいのかと言うと、上で書いた「大衆娯楽への原点回帰」と共に、パチンコ業界はもう一度足元から自分を見直せってハナシだね。







人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える





※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。コメントがエントリーになる場合もあります。




同じテーマの記事

ぱちんこ愛はあるかい?


「パチンコ日報」をご覧の皆様、はじめまして!



CRAナカムラです。



このサイトの主な読者層(ホール関係者)からは絶大な嫌われ方をしていると自覚のあるオッサンが初登場です。



完全に非匿名でココに寄稿する人ってボクが初めてなんですかね?

ま、どうでもいーですけど。



一般の方も多くいらっしゃるようですが、今回は主たる読者であるホール関係者、特に店長職に向けての内容となりますのでご容赦下さい。



まず最初に聞きかせて下さい。

パチンコ好きですか?

空き時間に自腹でパチンコしますか?



仕事上で会う人会う人にボクが必ずするこの質問ですが、悲しい事にネガテイブな返答が返って来る事の方が多いんですよ。



もちろん下っ端で頑張ってた頃は大好きだったけど、店長職もしくはそれ以上に上り詰めるに従って好きじゃなくなった、又は家庭が出来てパチンコする余裕なんて無くなった、みたいな変化を伴ってネガティブな返答に至る方々もいらっしゃいます。



職位が上がるにつれ、だんだんプライベートがパチンコ離れしている傾向が強いってのも考えてみりゃかなりオカシイ話だと思いませんか?



言わば、パチンコを見放した人間が業界内に数多く居て、そういう輩が実際の店舗運営をしているのが現実。



魚が嫌いな魚屋、野菜が嫌いな八百屋ってどうよ?

そんな店流行るワケないと思うでしょ!?



じゃあパチンコ屋でもそれは同じなんだよ。

そういう運営が見透かされて、打つ人自体が激減してるんだよ!

数値管理?そんなもんパチンコを愛してからの話だ!



まずは内部の人間だけでもパチンコという文化を愛さなくてどうする!



自分が好きでもないモノをお客さんにお勧めするのは、やっぱ何か間違ってると思うし、好きで自分で打つからこそ出来る店舗での細かい味付けも可能になるんだわ。



今後、封入式パチンコなる未知の領域に舵を傾けていくであろうこの業界で、生き残りを賭けて最も問われるのはそういうトコロなんじゃないかな。



今すぐパチンコを好きになれって言われても、「そんな御無体な!」って話だとは思う。



それがすぐに出来ないなら、次の2点を頭に入れて欲しい。



アルバイトでも社員でも中には数人、給料をほとんどパチンコで溶かしてるような輩がいると思われんだが、そいつらの話をもっともっともっと聞いてやるべき。



安直に「もっと出せばイイ」みたいな非常にイラッとくる返答も必ず来ると思うが、遺憾の意はグッと抑えて、メシでも食べさせながら彼らの考えてる事を理解しようと努力しよう!



もう一つは、店長職と言えば事務作業の含めて非常に激務だとは思うんだけど、ホールでお客さんの顔をもっと見るべき!



お客さんの顔と挙動を見て、時には嫌味を言われながら走り回ってると、忘れてた色んなモノが見えてくるし、数値管理だけでは読み取れない営業のヒントが山盛りなんだからさ。



さてさて、まだ本番はこれから!ってトコロですが、とりあえず今回はこの辺で一旦切らせてもらって、次の機会が頂ければそこでまた語らせてもらうとしましょう!





人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える





※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。コメントがエントリーになる場合もあります。



それではまたっ!