パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

依存症対策の前に3万円で1カ月遊べるレベルの業界に


依存症に対してハンドルネーム「田舎者」さんが考察する。

以下本文

個人的に思うのは、依存症対策に関して発想の転換を、と思います。パチンコ依存症に関しての定義って難しいですよね。

お金軸で考えれば、借金するまで突っ込まない、使ってはいけないお金に手を出さないとなります。
バイトの稼ぎが3万しかない人が全部使ったら依存症という扱いにもなりますし、3万といえば3時間も持たずに消えてしまうわけです。遊技に費やす時間の長短は考慮されません。

時間軸に考えれば、金額の大小が問題になるのではなく、時間が30分でもあればホールに足を運ぶ。休みの日はホールにほぼ滞在している、仕事が8時9時に終わろうと必ずホールに寄って帰る、ということになります。

仕事終わりにAタイプのスロットを少し触る。1日に数千円、収支を考慮すればお小遣いの範囲であっても、「依存症」という表現はできるかもしれません。

ましてや、お金が湯水のごとくなくなっていく、そんな遊技を10分でも30分でも、それが月に1回の頻度でも。負けると分かってても打ってしまう、それが依存症なのかもしれません。

個人的な意見ではありますが、パチンコ・スロットに関して、勝ち負けの結果は必然だと思う訳です。

カジノなんかだと、完全に運といいますか、裏表しかない普通のコインを投げて、どっち地面と接するかを当てましょう。という感じなわけです。

パチンコ・スロットに関しては裏と表だけではなく、表・裏・裏の3面のコインを投げ地面に接する面を当てましょう。というようなゲームに感じます。

いわゆる、表を選び続ける状態が、期待値のない台を打っている状態。

裏を選び続けるのが、期待値のある台を打っている状態。

ホールにおいて後者の立ち回りをすれば必然的に収支はプラスになるわけです。だから、その他の公営ギャンブルに比べてというのも変な話ですが、プロ・専業というものが存在しているのだと思います。

現在の業界は、いわば依存症の人たちによって支えられている状況だと思います。

そもそもパチンコスロットは低所得者層向けとも言われますしね。

定義によって人数は変わってくるでしょうが、もし依存症の人たちをすべて排除してしまえば、業界に未来はないですよね?

だって、日本の平均年収よりはるかに稼いでいてギャンブル好き、生活の破たんの心配がない極一部の層と、パチンコ・スロットを生業とする専業の層しか残らないですよね。

だから、ちょっと発想を変えてみるのもありなのかなと思うわけです。

遊技通信webからですが、マルハン中間決算は減収増益に。

売上に関しては昨対88.9%、営業利益は昨対にして138.7%

間違ってたらすいませんが、営業利益ということで、新台入替などに対する販管費や人件費を引いた後の金額だと思います。

業界の仕組みも違うので比較対象として適切ではないかもしれませんが・・・
これをスーパーやドラッグストアなど小売業に当てはめてみます。

売上が11.1%落ちました。でも、営業利益38%アップできますか?

考えられる方法はいくつかありますが、NB商品の取り扱いをすべて諦め、PB商品のみの取り扱いにしたらあり得る数字かもしれません。

それほどに難しいほどの増収を業界のトップがしているわけです。

もちろんすべては打ち手の負担。

遊技人口が減っているなかでの増益ですから、一人当たりの負担額も増えているわけです。

全うな解決策ではありませんが、もっと薄利多売をしませんか?

というのがある意味本題で、依存症だから打たせない、というのも全然ありだと思います。

ただ、1ヶ月、お小遣い内で遊べるようにしませんか、というのも大事だと思うんです。

ホールと打ちての財布、このループを繰り返し、一月で3万なくなりました。

遊技としてはこれがあるべき姿だとも思います。

しかし、現状のホールでは、スロットの新基準機であろうと1や2のオンパレード。

等価ボーダー20前後の新基準機のパチンコは16や回って18程度。

月の稼働日数や時間にもよりますが、10万なんてすぐなくなりますよね。ってことです。

なんだか言いたいことが分からなくなってきた感はありますが、依存症だからと排除するだけが解決策ではなく、依存症の人でも、金銭的に支障が出ない範囲で遊べるような工夫を業界としてしていくべきなのかなと思います。

昨年比で売上が1割近く落ちたなら、営業利益も1割落ちて然り。
ただ、前年と総人時が同じであれば、もう少し落ちるかもしれないですし、状況に合わせて販管費を減らしたのであれば、昨対と同じ水準もありえるかもしれません。

しかし、その分はちゃんとユーザーに還元して、3万あれば1ヶ月は遊べるくらい頑張ってみてはと思う次第です。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



世界に誇れるパチンコにするためにもパチンコ業法の制定を


風営法でこのままパチンコ営業を続けてもいいのか?ホール関係者が業界に一石を投じる。

以下本文

我々パチンコ業界関係者からすれば、カジノはさっさと始めちゃえばいいというのが本音です。

能動的な狩猟民俗と受動的な農耕民族との違いといいますか、常に考えながらはっていくカジノと、どちらかというとボーッと嫌なことも忘れて眺めてるようなパチンコとは似て非なるものと思うし、カジノは一発1億円でも際限なくいけますが、パチンコは1時間に1万円程度しか使えないようになっていて、常に射幸性が規制により抑えられながら、我々の資産たる人気遊技機の自主撤去を定期的に続け今日に至っていますので、際限あります。

「今日はパチンコで100万使うぞ~!」といっても使えません。

「ギャンブル」として一括りにするよりも、カジノの場合国内でのマネーローンダリング対策の方が重要かと。

もし日本のカジノには日本人は入れないとなれば、外貨稼ぎのためだけのものになりますが、それでラスベガス、マカオ、シンガポールよりも魅力的なド派手な施設群が日本の厳しいコンプライアンス社会の中で造れるかといえば疑問ですし、韓国レベルのものしか造れないと思います。

是が非でも東京オリンピックまでにカジノオープンさせるとなると、法的整備はさっさと終わらせて施設建造に入る必要があるんでしょうが、そのためにひたすらパチンコには規制が入り続け、人気機種の撤去に費用がかかり、代替えで入れた機種がお金をかけたわりに元あった人気機種の半分の力もないという、「金かけて悪くする」という二重苦を続けています。

二番煎じ、三番煎じのカジノよりも、
もっと日本発祥の世界オンリーワンの文化であるパチンコ・パチスロを盛り上げて、合法化により景品交換システムを分かりやすくして、庶民の娯楽から世界の娯楽に変えてしまえば、海外輸出もできますし、「日本のカジノはラスベガスほどのエンターテイメント性がないけど、日本にはパチンコがあるじゃないか」と、日本にパチンコしにいこうって外国人が出てきてもおかしくはないんじゃないかと思います。

外国人が日本にパチンコしにこないのは、わかりにくいから。外国向けの日本の文化PR映像やらにもパチンコは出てきません。
結局、パチンコの射幸性ばかりを追求し続けると、日本で造るカジノもそれ相応のものしか出来ないかと。

郷ひろみじゃないですけど
「日本のエンターテイメント」を、抑止するより盛り上げて活気づかせた方が、インバウンドも加速するのではないかと思います。

たかだか私個人の投稿ですが、政治に関わっている方もたくさんいらっしゃいますので、考えをフラットにしてぜひご一考を‥
また、同業界のみなさんも数多くいらっしゃいますので、敢えて言いますが、数年前、パチンコ業法を政治に携わる皆さんが検討してくれていて、合法化の道筋もあったんですが、そのときは全日遊連がその提案を蹴ってしまいました。

そのときは全日遊連の原田会長(当時)が
「風営法のもとでこれからもやっていく」と宣言し、それ以降パチンコ業法の検討がたち消えました。そこから、政治はカジノ法案の方にシフトされました。

今、振り返ってみて、あれがはたして良い方向に進んだと言えるのでしょうか。釘問題、遊技機規制、換金問題などなど。かたやカジノ法案が加速し押し切り情勢。

「風営法のもとでやっていく」発言は警察庁から離れない、という気遣いもあったかもしれませんが、釘問題、遊技機規制、広告規制などで業界が斜陽産業になっている要因は、そのとき再選したパートナーが粛々と行っているものです。

あらためて、業界の政治力のなさや、全日遊連の考えの古さ、情報力のなさ、先見性のなさを見直さないと、明るい未来はないと思います。

きちんと反省するところは反省して、修正できるところは修正していきましょう。

全日役員も名誉職ではなく、情報社会についていける政治力のある人間がやるべきかと。今では60歳でもiPad使えますが、メールも開けない70歳~80歳位のご老体は東京に集まって何してんだって思います。会議になるんでしょうか?

「パチンコ業法は過去の話」として片付けてしまうべきですか?検討し続けていた流れはあったので、IR並みにスピードで押しきれるなら再考の余地はないですか?

もし、全盛期の石原慎太郎氏が「カジノやろう!」ではなく「日本にはパチンコがあるじゃないか!オリンピックまでにもっと外国人にもわかりやすくしておこう」って言っていたとしたら、今見えてる景色は全然違うんじゃないですか?あまりにも大きすぎるターニングポイントは、しっかりと検証して、次の時代への手を打つべきです。

私は、パチンコがなくなっても社会はなりたつかもしれないけど、日本にパチンコはあってもいいじゃないかと思いますし、どうせあるなら世界に誇れる面白いモノであってほしいと思います。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



パチンコ業界は批判より無視されることの方が怖い


東京のAMラジオ局のディレクターがパチンコ店のラジオCMについて語ってくれた。

ラジオCMを流しているホール企業は少なくないが、テレビCMと違って目に残像が残らない分、耳に残らなくてはいけない。ただ、ホール名を連呼するのはどこでもやっていることだが、もっと印象付ける方法がある。

AMラジオのリスナーは仕事をしながらとか、車を運転中に聴くことが多い。リスナーでも50代以上の人にパチンコと聞いて何を連想するか調査をしたことがある。

それによると、1位は軍艦マーチで2位がチューリップ、3位がチンジャラという音だった。50代以上の人は、軍艦マーチとチンジャラを流すだけで、パチンコのイメージが刷り込まれていることが分かる。つまり、パチンコをやりたくなるような音を流すことが重要になる。今なら大当たりした時の音が当て嵌まる。

音を追求してパチンコをやりたくなるラジオCMを流せばいいのだが、これは、ホール企業がやるのではなく、業界団体がやるべきだ。幸いラジオならテレビ程審査が厳しくないので、それができる。

もちろん、ラジオCMだけでパチンコ人口が増えるというものではない。雑誌やテレビと連動した宣伝が必要になる。

2011年の東日本大震災以降、パチンコメーカーがテレビCMを自粛している。すっかり、パチンコがテレビから露出しなくなったことで衰退に拍車がかかっている。

衰退して行くとテレビもパチンコ番組を扱わなくなる。

テレビ東京はゴールデンタイムにテレビチャンピオンでかつては、パチンコを取り上げたこともあった。衰退=視聴率も取れないのでパチンコを扱わなくなる。

三洋物産が1社提供で「7つの海を楽しもう! 世界さまぁ~リゾート」を放送している。これはパチンコの海物語と完全に切り離して企業イメージを良くする番組になっている。

私なら日本の海沿いの観光地でグルメと地元のパチンコ店を紹介しながら、そこの名物店長などを出す内容にして、パチンコを打ちたくなるような番組にする。

何故なら一般の人からどんどんパチンコのイメージが消え去って行っているからだ。パチンコ業界は最近は批判されることもなくなってきているが、これはパチンコが無視されているからでもある。無視されているから批判も出なくなる。

実は批判よりも無視されることが一番恐ろしいことでもある。

世界的禁煙の動きと共に、タバコはテレビCMも流せなくなり喫煙率は年々低下している。

まずは、パチンコが認知されるために、各種メディアから屋外広告看板に至るまで、業界で広告を出し続けなければならない。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える



※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。コメントがエントリーになる場合もあります。






松山千春がパチンコの社会貢献について語る


シナジーアークのSさんから、1本のメールが届いた。Sさんが尊敬する松山千春が自身のラジオ番組「松山千春のon the Radio」で、北海道のイーグルが取り組んでいるチャリティーゴルフについて話していた、という。それを書き起こした文章が寄せられた。パチンコ業界は悪い面にばかりがフォーカスされがちだが、松山千春の語りに耳を傾けてみよう。

以下本文

いや~わたくしね、武道館やって、ライジングサン・ロックフェスティバルやってですね。
え~その間にですね、札幌ベイゴルフ倶楽部で行われたイーグルカップ、第42回札幌オープンゴルフチャリティートーナメントをやって。これはイーグルって、パチンコ・スロットをやる(を経営している)正栄プロジェクトという会社なんですけどね。

なんていってもここの社長が、美山っていってね。あ~俺の後輩になりますけどさあ。ん~良いヤツなんですよ。

札幌オープン、しかもチャリティートーナメントということでね。あいつ今年は頑張りましてね、優勝賞金が800万ねえ。
これあれだろ?金土2日間の試合でだろ?

ん~、だからほんとに一流どころの選手がですね、みんな出てきてくれましてね。

(中略)

わたくしはチャリティーの司会から何からね、色々やらせていただきましたけどね。

え~その分のチャリティーと、後、獲得賞金の5%を北海道移植推進協議会と北海道新聞社社会福祉振興基金に寄付ということでね。

北大の名誉教授やってますけど、今は九州の久留米の聖マリア病院の研究所所長の藤堂先生との仲で、「やっぱり移植をもっと推進していきたいですよね!」と。

そしたら藤堂先生が、「イーグルのパチンコの落ちてる玉あるんじゃないかな。美山さん、あの落ちてる玉を拾い集めて何とか移植推進のための活動資金にしていただけませんか?」

これもまた凄い話だよな。

そしたら美山が、「あっ先生、それいい考えですね。やっぱり臓器移植、これから日本もどんどんどんどん進んでいくでしょうから、やりましょう!」ってまあ、そういうのがあいまってですね、札幌オープンというのがね開かれているわけでありますけどね。

まあ、これからも美山は、何十回 五十回 百回と、まあそこまで、あいつ自身が年が(いって体が動くかどうか)いくかどうかも分からんけども続けてもらいたいなと、思いますね。

やっぱり目的があるイーグルカップね。社会福祉のための臓器移植なあ。やっぱりそういうゴルフトーナメントは、是非これからも続けてもらいたいと思います。



ベース40時代の遊技機とは


2016年現在、パチンコ市場は大きく変わろうとしている。

と、その前にパチンコ業界の歴史を振り返ってみる。

1920年 ヨーロッパから輸入されたコリンゲームが大阪で登場し、これがパチンコの原型となった。
1930年 名古屋において初めて風俗営業1号店として営業が開始された。
1937年 支那事変悪化から、戦時特例法として禁止となる。
1946年 戦後パチンコ営業は再開される。
1948年 正村竹一により現在にも繋がる画期的ゲージ(正村ゲージ)が発明される。
1952年 連発式登場
1954年 連発式禁止
1960年 チューリップ登場
1972年 電動ハンドル導入に100発/分規制となる。
1977年 スロットマシン登場
1978年 「インベーダブーム」によりパチンコ衰退
1980年 三共「フィーバー」登場
1981年 平和「ゼロタイガー」登場
同年   30秒10ラウンド規制
1984年 15秒10ラウンド規制
1985年 新風営法(風営適正化法)施行、パチスロ1号機登場
1988年 パチスロ2号機登場
1990年 16ラウンドに規制緩和  ※釘曲げしないことの条件付き
同年   パチスロ3号機登場
1992年 パチスロ4号機登場
1994年 空前のCRパチンコブーム到来
1996年 パチンコ「社会的不適合機」撤去、確変5回リミット開始、当たり確率1/360以下に
1999年 当たり確率1/320以下に
2002年 当たり確率1/360以下に、最低賞球5→4個に
2003年 空前の爆裂パチスロブーム(ストック機、AT機)
2004年 当たり確率1/500以下に、最低賞球4→3個に
2006年 当たり確率1/400以下に、パチスロ5号機登場
2007年 パチスロ4号機完全撤去に
2008年 1円パチンコ増加する
2009年 パチスロART爆裂機登場、現在のパチスロ撤去問題の基となる
2012年 最低賞球3→1
2015年 当たり確率1/320以下に
2016年 パチンコのベース(役物比率)問題で、パチンコ台の殆どが年内撤去となる

これまでのパチンコ業界は射幸性の高まりと、それに対する規制とが数年毎に行われてきた。しかしながら、今回のパチンコの撤去問題はこれまでとは本質的に異なっているようだ。

なぜなら、CR機が登場して20年以上全メーカーが騙して遊技機の認可となる「検定」を取得し続けたことが発覚したからだ。
要するにパチンコメーカーは規制に抵触しないようなクギ調整した台で「検定」を通し、認可を受けた後に検定と違う釘曲げをしてホールに販売し、ホールはホールで営業調整と称して、また釘曲げをするというものだ。

パチンコもパチスロも同じで、国家公安委員会が定める「遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則」(以下、規則という)で大当たりで出た玉とそれ以外の入賞で出た玉との割合を示す「連続役物比率」として60%以下(役物が連続しないものは70%以下)と定められている。
いわゆるデジパチ(セブン機ともいう)は、フィーバーすると役物のアタッカーが連続することから、そのアタッカーに玉が入り配当される玉が連続役物で払い出された玉となる。

パチンコ営業者においては、これをホールコンピュータでいう「ベース値」にあたるものである。

連続役物の割合が60%以下ということは、逆にいうとホルコンで表す「ベース値」となり、すべての出玉中の一般入賞(大当たり以外の出玉)の割合が40%以上ということであり、 これが、公安委員会の「検定」を受けた正規のパチンコである。

ところが、実際はこのベース値が10%~20%程度で営業をしていた。

警察庁が昨年来調査を実施した結果、実際にホールで営業されているパチンコ台の殆どが認可したベース40%以上とは程遠い異なる遊技機で営業していることが判明した。 いわゆる「検定」を受けたものでなく違法機といえるものであった。

このベース削りはお客の消費金額を著しく増加させてしまうことから、悪質性が高い。

この問題は、4月27日の衆議院の内閣委員会でも取り上げられ、河野国家公安委員長が不正パチンコを業界団体で自主的に撤去させることを明言している。

ここで問題になってくるのは、ベース問題を解決するのは業界にとって当然のことだが、営業実態として大変な問題が出てくる。
ホールの売上げが激減することである。

仮に出玉がトントンで1時間6000の発射玉があり、セーフ(配当玉)も6000発として、そのうちベース20%にあたる1200発がお客に小当たりで配当すると4800発が飲み込まれたので、4800×4円=19200円の売上げがある。

これを正規台にして営業するとベース40%(2400発)とすると、6000-2400=3600発で14400円となる。
※1時間あたりの売上性能として、ベース20%と40%では4800円の大きな違いが出てくることとなる。

この売上の低下は何百台もパチンコを設置するホールにとっては大きな問題である。特に上場を目指す大手法人にとってはその痛手が大きいだろう。

冒頭のパチンコ歴史でも 規制 → 不況 → 新発明 → 好景気 → 規制 と繰り返してきた。

この玉単価(玉1個当たりの売上)の低下は、ベース問題が発覚した以上、違法な釘曲げなどして解決できるようなものではない。
パチンコには1分間に100発(400円)の発射玉制限があり、ベースが上昇してしまうと直接玉単価に影響する。
※約半分50発(200円)はお客に戻すような仕様になる。

この低下した単価を今のように維持したいのなら、定量性などを用いるなど、営業方法に新たな方式が必要になってくる。それと同時に現在のパチンコでは自ずと限界が感じられる。

ベース40を維持しながらなおかつ営業が成り立つ遊技機とは、温故知新の中に答えがある。

人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。