パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

ここが変! システム面と演出面が違和感だらけ機械作り


ハンドルネーム「かとー」さんはホール側の人でもあり、打ち手でもある。迷走するメーカーに檄を贈る。

以下本文

ホールの人間として、メーカーの開発の方にはいつも陰ながら期待しています。
既に良くない評価となっておりますが、今の厳しい基準の中でなんとか結果を出そうと「SHAKEⅢ」や「狂竜戦線」など、システム面に工夫が凝らしてある台が見られるようになってきました。開発の方のより良いものを創る意識を感じて、導入した機種に関しては自分としても何とかユーザーの皆様に伝わるよう設定に工夫はしています。

シリーズ機の三男として、長男と次男があまりにも優秀だったため比較されやすく落ちこぼれ扱いなのは否めませんが、モンスターハンター狂竜戦線は新基準の厳しい規制の中で非常に良く練られたシステムを搭載していると思っています。

ただし、システムは面白くても演出面の関しては同メーカーはいつも三流以下ですね。今回のそれも本当にひどいものです。特に通常時「ヒロシの575の演出」は本気で打ち手を馬鹿にしてるし、一番隠さなきゃならないポイントを演出で伝えて一体何がしたいのかよくわかりません。

ハンターは
いかなるときも
チャンスまち

チャンス待ちって、一番言っちゃいけない言葉だと思うのです。

リノが未だ伸び悩むのは、打ち手が「トマト待ち」だって理解しているから。通常時が苦痛だからです。

液晶非搭載の機械をメーカーが作らないのは、通常時に苦痛を感じさせることが低稼働に繋がることをわかっているからですよね?

チャンス待ちなんて言われたら、液晶がついていようがいまいが、どっちでも同じことです。チャンスはメインリールで感じられるのですから。

つまり、トマト待ちと何ら変わらない一言なんですよ。

リノを下に見ているのではありませんからね。あの機械こそ正真正銘「開発」だと思っています。

軽めのボーナスからART(AT)に繋げる機械のヒット機種はバジリスク絆がありますが、苦痛なほどつまらない通常時に耐えれるのはチャンス待ちを感じさせないから。実態はチャンスリプレイ待ちでも、その間に演出からモードの推測、状態の推測などいろいろ考えさせてますよね。

それは打ち手に「実態を悟らせない」ように「飽きさせない」ように工夫しているからそうなったのであって、狂竜戦線のトレニャーも同じように飽きさせない工夫じゃないですか。

それら全ての工夫をぶち壊して打ち手を白けさせるのが「~待ち」という言葉と、何よりもそれを搭載してしまう「意識の低さ」だと思うのです。

開発の現場はわかりませんが、ここまでシステム面と演出面で考えに差があるのは一体何故なのか理解できません。例えるならラーメン屋の店主が蕎麦屋のサイドメニューを提供しているような、奇妙な違和感を感じます。

新基準機にはバジリスク絆の一番上っ面の部分だけ真似た機械が多くありますが、絆は演出の細部まで飽きさせない工夫が凝らしてあるから長寿なわけであって、決して「軽めのボーナスからARTに繋ぐシステムならなんでもいい」ということではないのです。

今のホール状況は、バジリスク絆を100点としたら「新基準機」という理由でまず-20点、出玉性能で-30点が勝手に減産され最高得点50点の本当に厳しい現状なのは十分に理解しています。そこに絆にはない「新台効果」で+30点が限界でしょうか。本当に開発の方々には厳しい時代だと思いますが、そんな状況だからこそ一致団結してより良いもの創りに挑戦してもらいたいと思います。

末端の機械選定者の意見です。さらに申し訳ありませんが、新基準機を新台で購入しようと思ったのは昨年は3機種、今年は2月に出る某機種くらいの、メーカーには全く得のない人間の意見ではありますが、私はお客様に面白い台を提供したいのと同じに、自分がそういう台を打ちたいからこそシステムに釣り合う演出面の改善を強く望みます。

長文で失礼しました。ホールとして、打ち手としての率直な感想ではありますが、何か少しでも参考になればと思い投稿させて頂きます。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


業界は娯楽として生き残れるか、ギャンブルとして衰退するかの瀬戸際


30代半ばで遊技機メーカーの技術職を退職した。まだまだ自分では若いと思っていた。すぐに業界内のメーカーの面接を受ければ採用されると軽く考えていた。

5~6社の面接を受けたが、ことごとく不採用になった。最後に不採用になったメーカーに改めて理由を問い合わせてみた。

「頭がすでに固まっているでしょ。ウチは新しい発想が出る頭が柔軟な若い人じゃないと採用しません」との返事だった。

今までのキャリアを認めてくれるメーカーは1社もなかった。

アルバイトで食いつないだが、業界内の就職を諦めて、他業界へ。給料は安いが仕事は安定している。

メーカーに就職していれば一生安泰と思われた時代も今や昔。

こんな業界になってしまったことをハンドルネーム「通りすがったのよ」さんは、次のように指摘する。

以下本文

どこのパチンコ屋を覗いて見ても、1円パチンコは、最早主流派になりました。

少し昔、4円パチンコで2.5円換金が当たり前で、主力が250分の1程度の時短機だった頃と、今現在の1円パチンコの甘デジと呼ばれる種類のお金の出入りが同程度なのを考えると、当たり前と言うしかないと思います。

換金ギャップを自ら捨て等価に舵を切った時から、パチンコはすっかり娯楽からギャンブルになりましたよね。

今は娯楽として生き残れるか、ギャンブルとして衰退するかの瀬戸際だと思います。

パチンコを生き残れるようにするには、娯楽としての時間を提供できる環境作りが必要だと感じています。

メーカーは機械代金の高騰を抑え抱き合わせ販売はしない、ホールは必要ない入れ替えを控えその分を出玉に還元する、打ち手は等価に近い換金率を諦める。

それぞれの立場で痛みを分け合う構造が出来れば、パチンコはある意味文化としても生き残れる物だと思います。

自分は正直、県単位での換金率の規制や輪番店休の復活、メーカーが出せる機種数の制限(スロットの2号機のような)は必要だと感じます。

許可制の業界だからこそメーカーやホール、そしてユーザーの保護のための規制を、それぞれの立場で考えて作り上げても良いんじゃないかな。

サラ金は許可制業界が規制が厳しくなって、ずいぶんと無くなりました。グレーゾーンが無くなった事が多大な影響を与えた結果ですよね。

パチンコ業界もグレーゾーンを無くして行く事も考えていかないといけませんね。
建て前は別な会社でも、換金所の古物商法の厳守なんかは、すぐにでも黒判断される部分がありますから。

やるべき事は沢山ですが、業界維持の為の痛みだと思います。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




改悪続きでボーダーがどんどん高くなる新機種開発にストップを


ハンドルネーム「イケロン」さんがメーカーに物申す。

以下本文

遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。

『4円パチンコで遊技をしている客が1円パチンコで遊んでいる客の機械代金を負担する形になってしまっている。』

という私のコメントに耳を傾けていただいて誠にありがとうございます。


それともう1つ私が低貸しを止めて頂きたい理由を述べたいと思うのですが、

『4円の客の割合が減って低貸しコーナーの客の割合が増える程、パチンコ台の作り方が低貸しコーナーで運用しても利益が採れるように少しずつ改悪が行われるようになっている。』

と言う点です。

つまりどういう事かと説明すると、スタートチャッカーや電チューの賞球がだんだんと少なくされている上に、それ以外にもアタッカーや電チュー周辺の元ゲージ構成に《こぼしポイント》と呼ばれる手前で玉がこぼれる釘と釘の間隔がだんだんと広く作られるようになったり、

また、デジタルの回転時間でも、疑似連やスーパーリーチが頻繁に発生するようになったり、ノーマルリーチでもハズレが確定して次回転に進むまでの時間が長くなったり、ノーマルリーチすら掛からないのに疑似連が発生したりして、
4円パチンコしか無かった頃と比較すると、時間辺りに回せるデジタル回転数が減らされてしまったり、

大当り発生時にも数字が揃ってからアタッカーが開くまでの時間や大当りが終了してからデジタルが回転し始めるまでの時間が長くなったりして、

デジタルの回りが悪くても、いかにもデジタルが回っているかのように錯覚を起こさせる演出がアホみたいに増加してしまっているのと、
頻繁に止め打ちを行わないと、無駄玉を多く打ってしまう時間帯が増えてしまっているという事です。

今でも4円パチンコを打っている客層は、出玉関連については敏感な客層が多いので、このような改悪が加えられれば加えられる程4円パチンコを打っている人達はパチンコホールから足が遠退いて去っていってしまいますので、
パチンコメーカーの方々は、本年はこのような改悪が続けられたり、ボーダーラインがどんどん高くなったりする新機種の開発はどうか止めて頂くようにして、

短時間でも手軽に遊べるようなパチンコ新機種を開発していくように方向転換をしていただけます事を心から切望するしだいです。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


依存症対策の前に3万円で1カ月遊べるレベルの業界に


依存症に対してハンドルネーム「田舎者」さんが考察する。

以下本文

個人的に思うのは、依存症対策に関して発想の転換を、と思います。パチンコ依存症に関しての定義って難しいですよね。

お金軸で考えれば、借金するまで突っ込まない、使ってはいけないお金に手を出さないとなります。
バイトの稼ぎが3万しかない人が全部使ったら依存症という扱いにもなりますし、3万といえば3時間も持たずに消えてしまうわけです。遊技に費やす時間の長短は考慮されません。

時間軸に考えれば、金額の大小が問題になるのではなく、時間が30分でもあればホールに足を運ぶ。休みの日はホールにほぼ滞在している、仕事が8時9時に終わろうと必ずホールに寄って帰る、ということになります。

仕事終わりにAタイプのスロットを少し触る。1日に数千円、収支を考慮すればお小遣いの範囲であっても、「依存症」という表現はできるかもしれません。

ましてや、お金が湯水のごとくなくなっていく、そんな遊技を10分でも30分でも、それが月に1回の頻度でも。負けると分かってても打ってしまう、それが依存症なのかもしれません。

個人的な意見ではありますが、パチンコ・スロットに関して、勝ち負けの結果は必然だと思う訳です。

カジノなんかだと、完全に運といいますか、裏表しかない普通のコインを投げて、どっち地面と接するかを当てましょう。という感じなわけです。

パチンコ・スロットに関しては裏と表だけではなく、表・裏・裏の3面のコインを投げ地面に接する面を当てましょう。というようなゲームに感じます。

いわゆる、表を選び続ける状態が、期待値のない台を打っている状態。

裏を選び続けるのが、期待値のある台を打っている状態。

ホールにおいて後者の立ち回りをすれば必然的に収支はプラスになるわけです。だから、その他の公営ギャンブルに比べてというのも変な話ですが、プロ・専業というものが存在しているのだと思います。

現在の業界は、いわば依存症の人たちによって支えられている状況だと思います。

そもそもパチンコスロットは低所得者層向けとも言われますしね。

定義によって人数は変わってくるでしょうが、もし依存症の人たちをすべて排除してしまえば、業界に未来はないですよね?

だって、日本の平均年収よりはるかに稼いでいてギャンブル好き、生活の破たんの心配がない極一部の層と、パチンコ・スロットを生業とする専業の層しか残らないですよね。

だから、ちょっと発想を変えてみるのもありなのかなと思うわけです。

遊技通信webからですが、マルハン中間決算は減収増益に。

売上に関しては昨対88.9%、営業利益は昨対にして138.7%

間違ってたらすいませんが、営業利益ということで、新台入替などに対する販管費や人件費を引いた後の金額だと思います。

業界の仕組みも違うので比較対象として適切ではないかもしれませんが・・・
これをスーパーやドラッグストアなど小売業に当てはめてみます。

売上が11.1%落ちました。でも、営業利益38%アップできますか?

考えられる方法はいくつかありますが、NB商品の取り扱いをすべて諦め、PB商品のみの取り扱いにしたらあり得る数字かもしれません。

それほどに難しいほどの増収を業界のトップがしているわけです。

もちろんすべては打ち手の負担。

遊技人口が減っているなかでの増益ですから、一人当たりの負担額も増えているわけです。

全うな解決策ではありませんが、もっと薄利多売をしませんか?

というのがある意味本題で、依存症だから打たせない、というのも全然ありだと思います。

ただ、1ヶ月、お小遣い内で遊べるようにしませんか、というのも大事だと思うんです。

ホールと打ちての財布、このループを繰り返し、一月で3万なくなりました。

遊技としてはこれがあるべき姿だとも思います。

しかし、現状のホールでは、スロットの新基準機であろうと1や2のオンパレード。

等価ボーダー20前後の新基準機のパチンコは16や回って18程度。

月の稼働日数や時間にもよりますが、10万なんてすぐなくなりますよね。ってことです。

なんだか言いたいことが分からなくなってきた感はありますが、依存症だからと排除するだけが解決策ではなく、依存症の人でも、金銭的に支障が出ない範囲で遊べるような工夫を業界としてしていくべきなのかなと思います。

昨年比で売上が1割近く落ちたなら、営業利益も1割落ちて然り。
ただ、前年と総人時が同じであれば、もう少し落ちるかもしれないですし、状況に合わせて販管費を減らしたのであれば、昨対と同じ水準もありえるかもしれません。

しかし、その分はちゃんとユーザーに還元して、3万あれば1ヶ月は遊べるくらい頑張ってみてはと思う次第です。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



世界に誇れるパチンコにするためにもパチンコ業法の制定を


風営法でこのままパチンコ営業を続けてもいいのか?ホール関係者が業界に一石を投じる。

以下本文

我々パチンコ業界関係者からすれば、カジノはさっさと始めちゃえばいいというのが本音です。

能動的な狩猟民俗と受動的な農耕民族との違いといいますか、常に考えながらはっていくカジノと、どちらかというとボーッと嫌なことも忘れて眺めてるようなパチンコとは似て非なるものと思うし、カジノは一発1億円でも際限なくいけますが、パチンコは1時間に1万円程度しか使えないようになっていて、常に射幸性が規制により抑えられながら、我々の資産たる人気遊技機の自主撤去を定期的に続け今日に至っていますので、際限あります。

「今日はパチンコで100万使うぞ~!」といっても使えません。

「ギャンブル」として一括りにするよりも、カジノの場合国内でのマネーローンダリング対策の方が重要かと。

もし日本のカジノには日本人は入れないとなれば、外貨稼ぎのためだけのものになりますが、それでラスベガス、マカオ、シンガポールよりも魅力的なド派手な施設群が日本の厳しいコンプライアンス社会の中で造れるかといえば疑問ですし、韓国レベルのものしか造れないと思います。

是が非でも東京オリンピックまでにカジノオープンさせるとなると、法的整備はさっさと終わらせて施設建造に入る必要があるんでしょうが、そのためにひたすらパチンコには規制が入り続け、人気機種の撤去に費用がかかり、代替えで入れた機種がお金をかけたわりに元あった人気機種の半分の力もないという、「金かけて悪くする」という二重苦を続けています。

二番煎じ、三番煎じのカジノよりも、
もっと日本発祥の世界オンリーワンの文化であるパチンコ・パチスロを盛り上げて、合法化により景品交換システムを分かりやすくして、庶民の娯楽から世界の娯楽に変えてしまえば、海外輸出もできますし、「日本のカジノはラスベガスほどのエンターテイメント性がないけど、日本にはパチンコがあるじゃないか」と、日本にパチンコしにいこうって外国人が出てきてもおかしくはないんじゃないかと思います。

外国人が日本にパチンコしにこないのは、わかりにくいから。外国向けの日本の文化PR映像やらにもパチンコは出てきません。
結局、パチンコの射幸性ばかりを追求し続けると、日本で造るカジノもそれ相応のものしか出来ないかと。

郷ひろみじゃないですけど
「日本のエンターテイメント」を、抑止するより盛り上げて活気づかせた方が、インバウンドも加速するのではないかと思います。

たかだか私個人の投稿ですが、政治に関わっている方もたくさんいらっしゃいますので、考えをフラットにしてぜひご一考を‥
また、同業界のみなさんも数多くいらっしゃいますので、敢えて言いますが、数年前、パチンコ業法を政治に携わる皆さんが検討してくれていて、合法化の道筋もあったんですが、そのときは全日遊連がその提案を蹴ってしまいました。

そのときは全日遊連の原田会長(当時)が
「風営法のもとでこれからもやっていく」と宣言し、それ以降パチンコ業法の検討がたち消えました。そこから、政治はカジノ法案の方にシフトされました。

今、振り返ってみて、あれがはたして良い方向に進んだと言えるのでしょうか。釘問題、遊技機規制、換金問題などなど。かたやカジノ法案が加速し押し切り情勢。

「風営法のもとでやっていく」発言は警察庁から離れない、という気遣いもあったかもしれませんが、釘問題、遊技機規制、広告規制などで業界が斜陽産業になっている要因は、そのとき再選したパートナーが粛々と行っているものです。

あらためて、業界の政治力のなさや、全日遊連の考えの古さ、情報力のなさ、先見性のなさを見直さないと、明るい未来はないと思います。

きちんと反省するところは反省して、修正できるところは修正していきましょう。

全日役員も名誉職ではなく、情報社会についていける政治力のある人間がやるべきかと。今では60歳でもiPad使えますが、メールも開けない70歳~80歳位のご老体は東京に集まって何してんだって思います。会議になるんでしょうか?

「パチンコ業法は過去の話」として片付けてしまうべきですか?検討し続けていた流れはあったので、IR並みにスピードで押しきれるなら再考の余地はないですか?

もし、全盛期の石原慎太郎氏が「カジノやろう!」ではなく「日本にはパチンコがあるじゃないか!オリンピックまでにもっと外国人にもわかりやすくしておこう」って言っていたとしたら、今見えてる景色は全然違うんじゃないですか?あまりにも大きすぎるターニングポイントは、しっかりと検証して、次の時代への手を打つべきです。

私は、パチンコがなくなっても社会はなりたつかもしれないけど、日本にパチンコはあってもいいじゃないかと思いますし、どうせあるなら世界に誇れる面白いモノであってほしいと思います。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。