パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

釘調整とパチスロ設定の合法か違法かの違いについて


パチンコは釘調整によって利益コントロールしている。パチスロはどうやって利益コントロールするかというと設定だ。釘調整が違法なら、パチスロの設定もなくしてしまえ、と暴論を吐くものもいる。

こうした意見に対して、パチスロ関係者が釘調整と設定の違いを次のように解説する。

以下本文

パチスロの設定とは

遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則
(回胴式遊技機)別表第五(1)リ(へ)

「設定の数は、六を超えるものでないこと」とあり、すなわち回胴式遊技機の“設定”とは風適法第二十条第3項において、著しく客の射幸性をそそるおそれがあるものとして、国家公安員会規則の定める回胴式遊技機の性能そのものであるため、パチンコの営業調整としての“クギ調整”といった、検定を受けた遊技機に不正に手を加えるものとは、全く異なります。

設定は合法であり。
クギ調整は違法である。

ホールはこのことの認識が乏しいのでないか?

法令による規則上の立て付けは

パチンコは構造(アナログ)の遊技機
パチスロはコンピュータ抽選の遊技機
であって、遊技機としての基本性能がそもそも違うものである。

日々のパチンコの“クギ調整”は、パチスロでいうと毎日“ロム交換”するような行為である。
※だからクギ曲げは検定を受けた遊技機に“不正改造”を加える犯罪行為にあたる。

規則上のクギに関して以下のようにある。

(パチンコ遊技機)別表第四(2)ホ(ロ)

「遊技くぎ及び風車は、遊技板におおむね垂直に打ち込まれているものであること」
             
(3)ハ(イ)
「遊技くぎ及び風車の軸の材質は、ビッカース硬度が百五十Hv以上二百三十Hv以下である硬度を有する真ちゅう又はこれと同等の硬度を有する金属で容易にさびず、かつ、折れない性質のものであること」
                 
(ロ)
「遊技くぎ等(遊技くぎ及び風車の軸を除く。)の材質は、硬度プラスチックその他材料で遊技球の落下その他の衝撃により破損し、又はその形状が変形するものでないこと」

この規格を基に製造されたパチンコが(出玉率、役物比率等に適合しているとして)検定を受けている、したがって“クギを曲げる”ことはこの性能を変更することとなり、検定を受けてない遊技機となる。

以上


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


ユーザーが考えるジャグラー雑感


20周年ものロングランを続けるジャグラーについて一家言持つユーザーも少なくない。コメント欄から抜粋してみた。

ハンドルネーム「嵐雪達磨」さんはリール制御を次のように評価する。

「ジャグラーはリールもちゃんと捨てゲーにならないように工夫されている。例えば左リール、ブドウ、7、ピエロ。これはビタ止まりでブドウorチェリー重複のボーナス1確目。1コマ滑っても普通に単独ボーナスの制御は残っている。右リールなら7、BAR、ベル。ビタ止まりでベルorボーナスの1確。それがどのリールでもある。だから最後にGoGoランプに自然と目が行く」

さらに、「現状維持で遊べるスペックだから安心して打てる。ヤメ時も光らなければヤメでいいし。やれ、前兆だとかモードだとかくだらないことに追加投資を強いる台ではないからでしょ。そりゃ、1,000円だけ打ってみようか、って気にもなるわ」と安心して打てることを評価する。

続いて、ハンドルネーム「てってい」さんの意見。

「ゲーム性を極限までシンプルに、だけど中身はかなり奥深く、打ち方や滑りなどもあるからコアなファン向けでも楽しめて毎ゲーム抽選方式で第3ボタン離すまで分らないから面白い。それがジャグラー」と第3ボタンを離すまで期待が持てることを挙げる。

「しかもBIGにしても300枚固定で出すので即ヤメでもそこそこの換金もできる。さらに即ヤメでもなんら問題ない」とやはり止め時が分かりやすいことを評価する。

ハンドルネーム「黄昏777」さんは、ちょっと逆の見方をする。

「ジャグラーの優れた点が列記されているわけだが、私はまったく同意できないことが多い。というか、こと現在のパチンコ店においてジャグラーこそが『パチンコ店の悪意の象徴』であるとすら思っている」と斬り込む。

「そもそもジャグラーの良いところとして挙げられているのは毎ゲーム期待感がリールを3つ止めるまで持続するという点だが、そもそも毎ゲームそこまで期待して打つやつなどいやしないw むしろアクロス系やニューパルのようにある程度アツいポイントが明確になっているほうが、そこに期待感を集約できる分優れていると言える。逆にハナのように潔く先に光ってしまってもジャグラーに劣っているとも言えないだろうし、上記の点はただの特性であってストロングポイントではないと考える」

ではなぜ、パチンコ店や客に支持されているのか?ということに関してはこう指摘する。

「それは、たまたまそれしかなかったから。多様化するゲーム性の中で時代は5号機に移り、その波に適応できなかった年寄の選択肢としてジャグラーかハナしかなかった。またその時期に山佐は新しいゲーム性の開発の注力しニューパルを看板としなくなって営業力が落ちたし、他メーカーも同様であったためにパチンコ店としてもジャグラーかハナしか選択肢がなかった。つまり単純なノーマルタイプがその時期にも数機種あれば今とはまったく状況は違っていたと言える。年寄はノーマルタイプであれば設置されている機種を何も考えず打ってくれるので、そこで需要と供給がたまたまマッチしてしまったに過ぎない。そのことは4号機時代にゲーム性が多様化した時期には、ジャグラーなど見向きもされず設置の多かったニューパルや花火を年寄が打っていたり、今でも東海地方では設置が多いハナが圧倒的でジャグラーなど見向きもされないことからも明らかだ」

パチンコ店の悪意の象徴と爆弾発言した理由はこう説明する。

「今では特に何もせずともジャグラースレイブと化した年寄たちが毎日じゃぶじゃぶ金を遣ってくれるというモデルが出来上がったのですから年金搾取マシーンと言っても過言ではない状況だと思っています」

そしてこう結論付ける。
「現在ノーマルタイプ市場でジャグラーが台頭しているのは良台だからというよりかは「たまたま」に過ぎないです」



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。





嵐雪達磨流機械作りの提案


いつも辛口のハンドルネーム「嵐雪達磨」さんが機械作りに物申す。

以下本文

つくづく思うんだけどアニメとタイアップしている機種、って大当たりした時に数字、って出す必要あるのかな、というか通常の回転の時点でもう数字なんて要らないような気がするんだけど。

やっぱりこう、何人かが言ってるように解りにくいのかな。

この「数字が揃う」って物を見るから、リーチは邪魔でしかないし、打っている人間はもう画面なんて見てないのだろうと思う。

例えばロボットアニメとタイアップしているなら、通常左打ちして画面の中の人が指示しながら狙わせるようにして、自然に映像が流れる風にする。

で何か登場人物が行動を起こしたらチャンスでロボットに乗ったら当たり。

当たったら「出動!」みたいな感じで右打ちさせるように場面を切り替えて戦闘、以後敵を破壊する度に大当たり、そのまま右打ちでストーリが進む、みたいな感じにしたら、数字なんて揃える意味はまるでないし、その演出の時間をすべてカット出来るし、ギミックを出す意味もまるでなく、数字が揃う、というクソつまらないことに対しての煽り演出も全く意味が無くなると思うんですがね。

これを実戦、ってしたら確変、模擬訓練、ってすれば時短。
で終了したら基地に戻って機械整備の通常。

そうすることによって打ち手にどの状態かを一目でわかるように出来ると思うんですけど?

で。保通協がうんたら、と言うのはセグが全部表示されているからそれでクリア、ってすれば、やれ疑似連だの、チャンスアップだの、プレミアムなんてものは全部纏められると思うのですが。

で。これで今まで出てきた保留玉の色が役に立つんだよ。

無駄な色は1つもなく、アクションに対応させれば無変化であっても、色が変わってもドキドキ出来るかと。

「当たりという最終形が解るからそのアプローチの違い」

で区別すれば信頼度なんて物も要らないし、キャラの行動でそれを示せばアツさなんてものも表現できるだろう。

回転の秒数が揃えられない? はははご冗談を。それをするのがメーカーだろうが。

当たった時が解らない? 画面を見ないでスマホいじってるからだろう?

こうすれば大当たり時の出玉も調整が簡単だし単発で玉が少ないなんてこともないだろ?

簡単に作れると思うんだが。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


ここが変! システム面と演出面が違和感だらけ機械作り


ハンドルネーム「かとー」さんはホール側の人でもあり、打ち手でもある。迷走するメーカーに檄を贈る。

以下本文

ホールの人間として、メーカーの開発の方にはいつも陰ながら期待しています。
既に良くない評価となっておりますが、今の厳しい基準の中でなんとか結果を出そうと「SHAKEⅢ」や「狂竜戦線」など、システム面に工夫が凝らしてある台が見られるようになってきました。開発の方のより良いものを創る意識を感じて、導入した機種に関しては自分としても何とかユーザーの皆様に伝わるよう設定に工夫はしています。

シリーズ機の三男として、長男と次男があまりにも優秀だったため比較されやすく落ちこぼれ扱いなのは否めませんが、モンスターハンター狂竜戦線は新基準の厳しい規制の中で非常に良く練られたシステムを搭載していると思っています。

ただし、システムは面白くても演出面の関しては同メーカーはいつも三流以下ですね。今回のそれも本当にひどいものです。特に通常時「ヒロシの575の演出」は本気で打ち手を馬鹿にしてるし、一番隠さなきゃならないポイントを演出で伝えて一体何がしたいのかよくわかりません。

ハンターは
いかなるときも
チャンスまち

チャンス待ちって、一番言っちゃいけない言葉だと思うのです。

リノが未だ伸び悩むのは、打ち手が「トマト待ち」だって理解しているから。通常時が苦痛だからです。

液晶非搭載の機械をメーカーが作らないのは、通常時に苦痛を感じさせることが低稼働に繋がることをわかっているからですよね?

チャンス待ちなんて言われたら、液晶がついていようがいまいが、どっちでも同じことです。チャンスはメインリールで感じられるのですから。

つまり、トマト待ちと何ら変わらない一言なんですよ。

リノを下に見ているのではありませんからね。あの機械こそ正真正銘「開発」だと思っています。

軽めのボーナスからART(AT)に繋げる機械のヒット機種はバジリスク絆がありますが、苦痛なほどつまらない通常時に耐えれるのはチャンス待ちを感じさせないから。実態はチャンスリプレイ待ちでも、その間に演出からモードの推測、状態の推測などいろいろ考えさせてますよね。

それは打ち手に「実態を悟らせない」ように「飽きさせない」ように工夫しているからそうなったのであって、狂竜戦線のトレニャーも同じように飽きさせない工夫じゃないですか。

それら全ての工夫をぶち壊して打ち手を白けさせるのが「~待ち」という言葉と、何よりもそれを搭載してしまう「意識の低さ」だと思うのです。

開発の現場はわかりませんが、ここまでシステム面と演出面で考えに差があるのは一体何故なのか理解できません。例えるならラーメン屋の店主が蕎麦屋のサイドメニューを提供しているような、奇妙な違和感を感じます。

新基準機にはバジリスク絆の一番上っ面の部分だけ真似た機械が多くありますが、絆は演出の細部まで飽きさせない工夫が凝らしてあるから長寿なわけであって、決して「軽めのボーナスからARTに繋ぐシステムならなんでもいい」ということではないのです。

今のホール状況は、バジリスク絆を100点としたら「新基準機」という理由でまず-20点、出玉性能で-30点が勝手に減産され最高得点50点の本当に厳しい現状なのは十分に理解しています。そこに絆にはない「新台効果」で+30点が限界でしょうか。本当に開発の方々には厳しい時代だと思いますが、そんな状況だからこそ一致団結してより良いもの創りに挑戦してもらいたいと思います。

末端の機械選定者の意見です。さらに申し訳ありませんが、新基準機を新台で購入しようと思ったのは昨年は3機種、今年は2月に出る某機種くらいの、メーカーには全く得のない人間の意見ではありますが、私はお客様に面白い台を提供したいのと同じに、自分がそういう台を打ちたいからこそシステムに釣り合う演出面の改善を強く望みます。

長文で失礼しました。ホールとして、打ち手としての率直な感想ではありますが、何か少しでも参考になればと思い投稿させて頂きます。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


業界は娯楽として生き残れるか、ギャンブルとして衰退するかの瀬戸際


30代半ばで遊技機メーカーの技術職を退職した。まだまだ自分では若いと思っていた。すぐに業界内のメーカーの面接を受ければ採用されると軽く考えていた。

5~6社の面接を受けたが、ことごとく不採用になった。最後に不採用になったメーカーに改めて理由を問い合わせてみた。

「頭がすでに固まっているでしょ。ウチは新しい発想が出る頭が柔軟な若い人じゃないと採用しません」との返事だった。

今までのキャリアを認めてくれるメーカーは1社もなかった。

アルバイトで食いつないだが、業界内の就職を諦めて、他業界へ。給料は安いが仕事は安定している。

メーカーに就職していれば一生安泰と思われた時代も今や昔。

こんな業界になってしまったことをハンドルネーム「通りすがったのよ」さんは、次のように指摘する。

以下本文

どこのパチンコ屋を覗いて見ても、1円パチンコは、最早主流派になりました。

少し昔、4円パチンコで2.5円換金が当たり前で、主力が250分の1程度の時短機だった頃と、今現在の1円パチンコの甘デジと呼ばれる種類のお金の出入りが同程度なのを考えると、当たり前と言うしかないと思います。

換金ギャップを自ら捨て等価に舵を切った時から、パチンコはすっかり娯楽からギャンブルになりましたよね。

今は娯楽として生き残れるか、ギャンブルとして衰退するかの瀬戸際だと思います。

パチンコを生き残れるようにするには、娯楽としての時間を提供できる環境作りが必要だと感じています。

メーカーは機械代金の高騰を抑え抱き合わせ販売はしない、ホールは必要ない入れ替えを控えその分を出玉に還元する、打ち手は等価に近い換金率を諦める。

それぞれの立場で痛みを分け合う構造が出来れば、パチンコはある意味文化としても生き残れる物だと思います。

自分は正直、県単位での換金率の規制や輪番店休の復活、メーカーが出せる機種数の制限(スロットの2号機のような)は必要だと感じます。

許可制の業界だからこそメーカーやホール、そしてユーザーの保護のための規制を、それぞれの立場で考えて作り上げても良いんじゃないかな。

サラ金は許可制業界が規制が厳しくなって、ずいぶんと無くなりました。グレーゾーンが無くなった事が多大な影響を与えた結果ですよね。

パチンコ業界もグレーゾーンを無くして行く事も考えていかないといけませんね。
建て前は別な会社でも、換金所の古物商法の厳守なんかは、すぐにでも黒判断される部分がありますから。

やるべき事は沢山ですが、業界維持の為の痛みだと思います。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。