パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

松山千春がパチンコの社会貢献について語る


シナジーアークのSさんから、1本のメールが届いた。Sさんが尊敬する松山千春が自身のラジオ番組「松山千春のon the Radio」で、北海道のイーグルが取り組んでいるチャリティーゴルフについて話していた、という。それを書き起こした文章が寄せられた。パチンコ業界は悪い面にばかりがフォーカスされがちだが、松山千春の語りに耳を傾けてみよう。

以下本文

いや~わたくしね、武道館やって、ライジングサン・ロックフェスティバルやってですね。
え~その間にですね、札幌ベイゴルフ倶楽部で行われたイーグルカップ、第42回札幌オープンゴルフチャリティートーナメントをやって。これはイーグルって、パチンコ・スロットをやる(を経営している)正栄プロジェクトという会社なんですけどね。

なんていってもここの社長が、美山っていってね。あ~俺の後輩になりますけどさあ。ん~良いヤツなんですよ。

札幌オープン、しかもチャリティートーナメントということでね。あいつ今年は頑張りましてね、優勝賞金が800万ねえ。
これあれだろ?金土2日間の試合でだろ?

ん~、だからほんとに一流どころの選手がですね、みんな出てきてくれましてね。

(中略)

わたくしはチャリティーの司会から何からね、色々やらせていただきましたけどね。

え~その分のチャリティーと、後、獲得賞金の5%を北海道移植推進協議会と北海道新聞社社会福祉振興基金に寄付ということでね。

北大の名誉教授やってますけど、今は九州の久留米の聖マリア病院の研究所所長の藤堂先生との仲で、「やっぱり移植をもっと推進していきたいですよね!」と。

そしたら藤堂先生が、「イーグルのパチンコの落ちてる玉あるんじゃないかな。美山さん、あの落ちてる玉を拾い集めて何とか移植推進のための活動資金にしていただけませんか?」

これもまた凄い話だよな。

そしたら美山が、「あっ先生、それいい考えですね。やっぱり臓器移植、これから日本もどんどんどんどん進んでいくでしょうから、やりましょう!」ってまあ、そういうのがあいまってですね、札幌オープンというのがね開かれているわけでありますけどね。

まあ、これからも美山は、何十回 五十回 百回と、まあそこまで、あいつ自身が年が(いって体が動くかどうか)いくかどうかも分からんけども続けてもらいたいなと、思いますね。

やっぱり目的があるイーグルカップね。社会福祉のための臓器移植なあ。やっぱりそういうゴルフトーナメントは、是非これからも続けてもらいたいと思います。



ベース40時代の遊技機とは


2016年現在、パチンコ市場は大きく変わろうとしている。

と、その前にパチンコ業界の歴史を振り返ってみる。

1920年 ヨーロッパから輸入されたコリンゲームが大阪で登場し、これがパチンコの原型となった。
1930年 名古屋において初めて風俗営業1号店として営業が開始された。
1937年 支那事変悪化から、戦時特例法として禁止となる。
1946年 戦後パチンコ営業は再開される。
1948年 正村竹一により現在にも繋がる画期的ゲージ(正村ゲージ)が発明される。
1952年 連発式登場
1954年 連発式禁止
1960年 チューリップ登場
1972年 電動ハンドル導入に100発/分規制となる。
1977年 スロットマシン登場
1978年 「インベーダブーム」によりパチンコ衰退
1980年 三共「フィーバー」登場
1981年 平和「ゼロタイガー」登場
同年   30秒10ラウンド規制
1984年 15秒10ラウンド規制
1985年 新風営法(風営適正化法)施行、パチスロ1号機登場
1988年 パチスロ2号機登場
1990年 16ラウンドに規制緩和  ※釘曲げしないことの条件付き
同年   パチスロ3号機登場
1992年 パチスロ4号機登場
1994年 空前のCRパチンコブーム到来
1996年 パチンコ「社会的不適合機」撤去、確変5回リミット開始、当たり確率1/360以下に
1999年 当たり確率1/320以下に
2002年 当たり確率1/360以下に、最低賞球5→4個に
2003年 空前の爆裂パチスロブーム(ストック機、AT機)
2004年 当たり確率1/500以下に、最低賞球4→3個に
2006年 当たり確率1/400以下に、パチスロ5号機登場
2007年 パチスロ4号機完全撤去に
2008年 1円パチンコ増加する
2009年 パチスロART爆裂機登場、現在のパチスロ撤去問題の基となる
2012年 最低賞球3→1
2015年 当たり確率1/320以下に
2016年 パチンコのベース(役物比率)問題で、パチンコ台の殆どが年内撤去となる

これまでのパチンコ業界は射幸性の高まりと、それに対する規制とが数年毎に行われてきた。しかしながら、今回のパチンコの撤去問題はこれまでとは本質的に異なっているようだ。

なぜなら、CR機が登場して20年以上全メーカーが騙して遊技機の認可となる「検定」を取得し続けたことが発覚したからだ。
要するにパチンコメーカーは規制に抵触しないようなクギ調整した台で「検定」を通し、認可を受けた後に検定と違う釘曲げをしてホールに販売し、ホールはホールで営業調整と称して、また釘曲げをするというものだ。

パチンコもパチスロも同じで、国家公安委員会が定める「遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則」(以下、規則という)で大当たりで出た玉とそれ以外の入賞で出た玉との割合を示す「連続役物比率」として60%以下(役物が連続しないものは70%以下)と定められている。
いわゆるデジパチ(セブン機ともいう)は、フィーバーすると役物のアタッカーが連続することから、そのアタッカーに玉が入り配当される玉が連続役物で払い出された玉となる。

パチンコ営業者においては、これをホールコンピュータでいう「ベース値」にあたるものである。

連続役物の割合が60%以下ということは、逆にいうとホルコンで表す「ベース値」となり、すべての出玉中の一般入賞(大当たり以外の出玉)の割合が40%以上ということであり、 これが、公安委員会の「検定」を受けた正規のパチンコである。

ところが、実際はこのベース値が10%~20%程度で営業をしていた。

警察庁が昨年来調査を実施した結果、実際にホールで営業されているパチンコ台の殆どが認可したベース40%以上とは程遠い異なる遊技機で営業していることが判明した。 いわゆる「検定」を受けたものでなく違法機といえるものであった。

このベース削りはお客の消費金額を著しく増加させてしまうことから、悪質性が高い。

この問題は、4月27日の衆議院の内閣委員会でも取り上げられ、河野国家公安委員長が不正パチンコを業界団体で自主的に撤去させることを明言している。

ここで問題になってくるのは、ベース問題を解決するのは業界にとって当然のことだが、営業実態として大変な問題が出てくる。
ホールの売上げが激減することである。

仮に出玉がトントンで1時間6000の発射玉があり、セーフ(配当玉)も6000発として、そのうちベース20%にあたる1200発がお客に小当たりで配当すると4800発が飲み込まれたので、4800×4円=19200円の売上げがある。

これを正規台にして営業するとベース40%(2400発)とすると、6000-2400=3600発で14400円となる。
※1時間あたりの売上性能として、ベース20%と40%では4800円の大きな違いが出てくることとなる。

この売上の低下は何百台もパチンコを設置するホールにとっては大きな問題である。特に上場を目指す大手法人にとってはその痛手が大きいだろう。

冒頭のパチンコ歴史でも 規制 → 不況 → 新発明 → 好景気 → 規制 と繰り返してきた。

この玉単価(玉1個当たりの売上)の低下は、ベース問題が発覚した以上、違法な釘曲げなどして解決できるようなものではない。
パチンコには1分間に100発(400円)の発射玉制限があり、ベースが上昇してしまうと直接玉単価に影響する。
※約半分50発(200円)はお客に戻すような仕様になる。

この低下した単価を今のように維持したいのなら、定量性などを用いるなど、営業方法に新たな方式が必要になってくる。それと同時に現在のパチンコでは自ずと限界が感じられる。

ベース40を維持しながらなおかつ営業が成り立つ遊技機とは、温故知新の中に答えがある。

人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



目標を立てるフォローがあればユーザーはパチンコを見放さない


ハンドルネーム「yamato」さんの意見は業界人をある意味勇気づけてくれる。

以下本文


私の周りにあるP店では、まだまだ土日祝日に盛況なホールも見受けます。

チャッカーに球が入らなくても、出玉が雀の涙でも、景品交換がほとんど出来る見込みがなくても、お客さんは行くんです。それぞれの価値観で「楽しい」と思える部分があるから、きっと足を運ぶのでしょう。

それが他人から見たら「依存」で有っても無くても、です。

経費削減から店内の台数を減らし、月単位、年単位で利益率が改善されれば状況も変わるのでしょうか。

私がこれまでにこちらのページで見てきた一連の問題はつまり、

①行政が認可した遊技台と、現場の遊技台が違う性能である事。

②台価格の高騰に歯止めがかからない事。

③ホール環境において健康上の問題点がある事。

④減り続ける末端ユーザーをこれ以上減らさない、また増やすにはどうするか、という事。

個々の遊技台が

「単位時間あたり抽選回数がどれほどか」

「確率として単位時間あたりどれほどの当たりを期待できるのか」

「期待するべき演出はどのようなものか(ガセではなく!)」
・・・このくらいの情報はオープンにしてもいいんじゃないですか?

人間が作業するわけで、機械に向き合うのは「ロボット」では無いです。

ある程度目標を立てるフォローをしてくれれば、サンドに入れるお金が増えるというもの。

店舗の利益は別な所でいくらでも調整できるはず、いえ、出来ていたはずです。それをしなくなった、はっきり言ってしまえば「行政指導やスペックに腰かけて怠惰になった」。

打たない、若しくはめっきり参加しなくなった者にはそんな風に見えているんじゃないでしょうか?

私は業界の者ではなく一般のユーザーですが、ゲームとしても身近なギャンブルとしても好きです。

感動させられた演出もありました。パチンコから逆に原作に触れた作品もありました。

金銭的にも勝った負けたがありました。

犯罪まがいの被害にも会いました・・・汗
が、結局すべて自己責任。

一定のファンがいる訳ですから、業界には良い方向に向かってほしいですね。

人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



Xデーの予感


不振店の業績を蘇らせた全員経営を読んだハンドルネーム「●」さんのコメントだ。不振店から立ち直る明るいテーマだがホール現場はそんなに甘くはない。

撤去問題を反映したのか自粛気味の看板機種の新台発表会は、筐体だけでなく、お土産もしょぼくなり、業界の未来を示唆する。自身の店舗も含めてXデーを座して待つ。そんな雑感だ。ストレスは吐露することで発散するしかない。

以下本文

変わらないし、Xデーも間近いかと思っている。

真っ当に営業してある程度スタートを取り、回して営業すれば機械代の回収に4カ月程度はかかる。

最近裏方の清掃やビルの定期メンテナンスのご年配の話をよく聞く。

「最近ダメだ」

皆、一様に同じ。回らない、機械がない、1円の牙狼が全部なくなった。新しい機械が勝てない。つまらない。主に、ご年配たちはすでに低玉貸ししか打たない方々。

高ベースとなった機械の設置後の中古価格推移を見れば、ひと月で価格下落の勾配が激しい。抜けない抜こうでは、ガチガチにせざるを得ない。

昨今のネット上の書き込みに、またヘソに乗った乗らないまでのホールの苦しさが見て取れる。

パチンコで言えば、業界をリードする立場であろう海物語の三洋。本来ならプリのつくホテルでのお披露目と8代目のマリンちゃんが
同時発表のこの時期。ここまで小さくお披露目された看板海シリーズも他にないだろう。各拠点での内覧にとどまる。

マリンちゃんもまだ7代目のままだ。おみやげはたしかクジラッキーとシーサーのボールペン。以前は外れても海の大きなバスタオル?が
定番だった。

おみやげはどうでも良い。要はそれだけ儲けてもばら撒けたということ。

今回の沖縄4を見てみれば、旧枠使用機と新枠モデルがある。今回の沖縄4とニューギンの新しい慶次もそう。

直前の枠で、あれだけきらびやかに飾られていた本体が、2世代ほど前の海の筐体に戻ったような、ロゴが載っただけで全面に硬化プラスチックのみのピンク枠。野暮ったい。正直そう思う。

コスト削減を明らかに意識した作りと思う。

販売台数の落ち悩み。

かつては20万台を超える販売台数でも要らないんですか?じゃあいいですくらいの売り方だった。

上がり続ける機械代の製造コストをカットしてそれを企業努力として、いくぶんか機械代を下げる。

ならば何も言うまいと思う。

だがあからさまに経費カットした筐体で42万8000円。撤去対象機を高額下取り入れて値引きます。1~5万とはいえ。

韓国ロッテの不正横領がニュースを騒がせているが、一度本当に利権がらみで特許だなんだを取っ払って、自由競争で国内大手家電メーカーなどに作ってもらいたいもの。

40万で買った機械が3日で一ケタ。お付き合いで買わされた機械。スロットで言えばデッド。販社も買わないゴミ。
サミーですらブラッド。慶次も20台以上買わないと初週持ってきません。

売れないが、売りたくてしょうがない。

ホールは売上が下がり利益も出ない。機械が20年ほどスペックを巻き戻しても今更過去のお客様はいない。

そこを無理やり閉めるから、回らない打たない。機械を殺す。売値はゴミ。機械代の5割6割の回収で手形で繋ぐ。

積もり積もった負債を抱え、いつかはじけるのを待つばかり。

1月か2月か年度末か。

今財務管理の先を見据えなければ、先に待ち受けるものは…


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。






日報パチスロ実践レポート


日報パチスロはすでに実戦配備されていた。実際に打った人のレポートが寄せられた。

以下本文

いよいよ日報パチスロを実践する。
そこは関東の新興住宅地の駅に隣接するホールだった。名古屋から車で約5時間、ようやく2週間前デモ機で試打した経験を生かすその時が来た。

10:20分過ぎに到着、ホール内中央の一番いい場所に“日報パチスロ”がド~ンと10台あった。

DSC_0082

見た目は20年ぐらい前のようなレトロ感満載の風貌、液昌も可動物もない“ザ・スロット”という出で立ちである。10台中3台の空き台があり、前日データでビッグ49回出ている角台の右隣の台に鎮座。

幸いナンバーランプのデータからまだ誰も打っていない。
閉店までぶん回し、昨日のデータにある49回を超えてみせようではないか。

まず、投入6,000円でRBさらに追い金2000円でBBに入り、そこからの履歴は下に示す。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

結論から言うと、“セブン”が軽く揃えることができる! パチスロはこうでなくてはならない。

47回ビッグボーナスを当てたという醍醐味は通常パチスロAタイプでは、TY(配当枚数)が大きい分確率(1/250程度)も低く、一度深いスランプに入ると1,000G以上入ることも頻繁にあるので、なかなかこの感触を味わうことができない。

今回の日報パチスロはBB約220枚ということから、設定1でも1/198以上の確率がある。
その分、深いスランプでも400~500ゲームでBB又はRBが当たるというような体感だ。

そして、隣の台のお客が1500ゲームのRTに入っていた、その間BB8回、RB6回引いて3箱(約2000枚)ほどワンチャンスで出していた。

やはり、1万枚2万枚の大量出玉も魅力だが、自分にはこういう1千枚2千枚でもチャンスが多く、ボーナスが近いというような“日報パチスロ”のスペックが合っているように思う。

今、特に20スロにおいては、投資金額もそうですが機械のスペックそのものが博打というような仕様である。
5万、10万持ってなければハッキリいって打てない。

こいう日報パチスロのような台であれば1万円あれば勝負ができる。

パチンコにおいてもスペックが辛く大量出玉の確変デジパチ一辺倒では、これ以上お客は増えることはないだろう。 

先日の記事にもあった3段役物パチンコのアイデアも日報パチスロでなく“日報パチンコ”として製品化して頂きたいものだ。

少し少しではあるが、ライトユーザーがホールに足しを運びたくなるような遊技台のバリエーションを増やしていくことが、遊技客のためにもすごく大事なことではないか、話や構想ばかりでなくその具体的な一つとして、“日報パチスロ”の登場ではないかと痛感した。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。