パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

賞品の最高額である1万円に合わせたスペックのパチンコ台を作れば4円復活はできる


ハンドルネーム「嵐雪達磨」さんが考える4円復活方法。

以下本文

どうやってパチンコが変わってきたのかをおさらいしたら、出て来るんじゃないかな、と思うんだけども。

パチンコは個々の玉の動きで、この玉がここに入れば玉が出るってのが初めなんだろ?
それも手打ちで。それだと単調だから、ちょっとだけ有利(チューリップの開発)になったり、連動したりした。

それだと上手い下手の差が激し過ぎるから手打ちの部分を自動にした。これにより、容易にパチンコを始められるようになった。
負ける金額が多くなりがちなので店は釘を甘くしてバランスを取った。

で、反社会勢力が景品を買い取る、という話からその資金源を断つために3店方式が出来て普通に換金が出来る(合法ではないにせよ、苦肉の策で)ってことになった。

換金やめろ、とかほざいている奴はココが全く分かっていない。
換金を止めても他の景品で流通するだけだ。意味がねぇんだよ。

ココを質問している政治屋は、まずこの背景を解決できるものを提示してから質問するんだな。
それが出来ない癖にやれ禁止だ、とかほざいても意味がねぇよ。
「アホかお前」で終わるのが関の山。

フィーバーが出てきたことによって短時間でまとまった出玉(1万円くらい:実際ここでも上手い、下手の差はあったけど)が獲得出来るようになって、この玉で当たればなんとかなる、の限界(投資金額)が引き上げられた。

この限界が引き上げられる事態を何とかしようとして、規制をかけ、10カウント30秒仕様になった。
(これが射幸心を抑える警察の見解かと:当時の換金で1回の大当たりで3000円まで、ってところが重要だから当時の1個の景品は最大が3000円なんだよ。解れよ)

しかし。釘を曲げて別の所に入賞するようにして、3000個~4000個と規制する以前の出玉に戻したため、他の入賞口に入るのを禁止、という規制を掛け、16ラウンド2400個になった。

これによって一発台(仕様に改造できる普通機)がなくなってしまった。

そうしたら今度は保留玉の書き換えやら抽選方式その物の解釈で、連続して大当たりするようになった。
結局規制する以前よりも玉が出るようになってしまった。

権利物の解釈で3回まで大当たりさせることが出来、さらにメーカーの回転体の開発により、さらにまとまった出玉が獲得できるようになった。

この結果規制以前よりも更に投資金額が引き上げられた。
大当たり回数が著しく増え、それに比例して出玉も爆発的に増えた。

それによって店が「収入金が把握できない」からと「プリペイドカードを作らせてほしい」と申し出た。

脱税問題で気を揉んでいた警察は「全国で統一した規格で作り、コレを使用するなら、今の射幸心を維持する台をある程度認める」
と言ってしまったため、CRが出来た。
(語弊があるかもしれないが、大体の経緯はこんな感じだ)

すると、他勢力が偽造のカードを作り出し、店は改善の必要が無い為、売り上げをカード会社に請求。
その結果、カード会社が破たんしたため、利用できるのはその店舗のみ、と変更した。
そして「全国で」という項目が無くなってしまった(実質上形骸化した)ため、「言ってしまった」部分は無効になった。

その為、それに合わせた規制を行ったが、それを掻い潜るようにして(規定の拡大解釈)開発を続けた結果、拡大解釈の部分にまで規定が決められるようになった。

投資金額の高騰に歯止めが利かなくなり、その莫大な資金の出処はどこだ、という話になって、サラ金が規制された。
これにより、収入の目星が途絶え、店は営業の撤退を決める所と、さらなる大型化と2極化するようになった。
って事なんだろ?

じゃあ。警察は初めに見解出しているじゃん。それをまずは満たせよ。
満たしてから考えたらもっと楽だろう?
ただし。全体がそれぞれで痛みを分かち合わないと永久に無理だ。

一例として叩かれるのは目に見えるが出してみる。

まず、開発するメーカー。メーカーは警察の提示した交換の最大に合わせる。
1個の景品が最大10000円なんだから、ターゲットにしたい客層の遊技時間(大体2時間くらいか?)それに対して1/2以上、2倍未満の台を作れば、ざっと計算して4円の玉の遊技1時間で-2500円~+5000円という金額に納まるスペックで開発、入賞&大当たりを満たさないとダメだ。

必然的に1円、2円などの低貸しは不要になる。採算が明らかに取れないからな。

こうなると全ツッパしても勝ち、負けの幅が-32500~+65000円で納まる。

まぁ、これは暴論だから25%程度のゆとりを入れないと作れないだろうから、13時間で-10000発~+20000発で納まる台だな。

だから適度には大当たりしなくちゃいけない。
無調整であれば13時間で最終的に-1000発~+1000発で納まるように調整。

これを絶対に守る。自然と開発費用も下がるはずだ。
店が利益取れないんだから台が買える訳ないだろ。
そこを解れよ。数出してナンボじゃねぇのかよ。お前等は。
株主にそう説明するのが筋じゃねぇの? それが最大の痛みだろうがな。

次は店。
換金率は問わない。別に等価であろうが28個であろうが40個であろうが。
俺が店をある程度見回って感じた事は、平日の稼働はよく付いている店で40%位だ。

ただ、メーカーが前述の調整で納品しているという前提が100%満たせるならば、釘調整を別にしなくても、貯玉サービスの工夫によって利益や還元を調整出来る。

ただ、稼働数を増やすためには「客が多少なりとも換金して帰ることが出来る状態」に「必ず」持って行けるような営業方法を考えて貰わないと無理。

あとは増えるまで忍耐あるのみ。体力が続くかどうかが痛み。

最後は打ち手である我々。
前述の新しいスペックになったら取りあえず1人誘え。1人でいい。

それ以降は無駄。増える時は勝手に増える。増えない時はその地域は、まだパチ屋の営業方法が客の事を考えていない証拠だ。

そん時は呼んだ連れに取りあえずは謝れ。増えれば俺たちが勝てる状況ってのが多くなる、って認識でいい。
あえて「金のかかる趣味」に1人誘えるかどうか。

後は自分がほぼトントンで納まってしまう収支を受け入れられるかが痛み。
生活している奴は廃業。それで十分。軍団は完全に壊滅だな。鉄火場の必要は全くない。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




依存症の原因は釘


ハンドルネーム「hoge」さんの意見はホール関係者にとっては辛辣で、非常に耳が痛い。長年、当たり前になっていた既得権も時代の流れと共に、許されない状況になってきた。

その原因を作ったのはほかならぬホールであることも事実だろう。稼働が落ちようとも今まで通りの利益を確保しようと思えば、釘をちょっと閉めればそれがいとも簡単に出来てしまう。それをやり過ぎてしまうから釘調整も違法といわれるようになる。何事も度を越してしまうと世論も許さなくなる。

以下本文

ホール関係者はボーダー度外視の調整してる現状をどう思ってるのですか?
今回の根本は依存症が争点になっているのはわかってる?

警察:
警察としては検定で機種認定を行っており、(建前として)検定時と違う台(釘)が市場に存在している事実があった。
こういった現状では警察としては依存症対策を打てない為、メーカーとホール団体を厳密に監督管理していく。

メーカー:
違法釘出荷はホールからの要望もあり実際に行っていた。すみません。
警察に協力して検定釘での出荷及び検定釘の状態がわかるシートを提供します。
(これでもう俺等メーカーは悪くないからね)

ホール:
検定釘じゃ儲からねーよ!
本部からのノルマ達成出来ねー!
メーカー!儲かるゲージを複数準備しやがれ!

メーカー:
いや、それ検定通らなねーしw
ホール団体の総意で換金形態に合わせて、2機種準備してならともかく、まずはホール団体でまとまれよww

ユーザー:
複数型式ある機種でも辛い機種しか入れねー癖に今更何言ってんだよ!
ボーダー20の機種を10回転/1Kで営業してるんじゃねーよ!

ホール関係者は自分達の立場を理解した方が良いよ。

筋が通ってないのはホールだけ。
警察は業界がすたれようがカジノにシフトするだけ。
メーカーも副業の方が儲かってる企業も多いし、専門メーカーで潰しが利かない所は潰れていく。

その中でホールはどう生き残っていくつもり?
潰れるまで、まだ自分達は悪くない、メーカーが儲かる台出せ!って言い続けるつもりかな?


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える



※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。コメントがエントリーになる場合もあります。









公営ギャンブルはスルーでパチンコ業界ばかりが叩かれる不条理


ハンドルネーム「マリン」さんの属性が業界人か、一般人かは分からないが、今業界に垂れ込むどんよりとした空気感に対しての一家言である。業界が表立って反発できないのは、業界が長年やってきたことへの罪滅ぼしもあるからだろう。つまり規制強化をされて当たり前だと思っているからでもあろう。

業界が遵法営業を貫いていたら、というよりもカジノが解禁にならなかったらここまで依存症の問題も大きく取り上げられることもなかったはず。と泣き言をいっても仕方ない。

以下本文

最近の風潮はとてもおかしい。

賭博(カジノ)と遊技(パチンコ)を同列に語る傾向がある。
カジノは競馬、競輪、競艇と同じく特例法によって定められた博打だ。
一回で何億円張ることも可能なギャンブルだ。
当然、賭場を開帳する側にそれなりの厳しい基準を課すことになる。

仕事帰りのサラリーマンや主婦、学生がちょっと遊ぶ大衆娯楽のパチンコ営業に、JRAと同じような規制が必要というのか?
タクシーの運転手にも国際線パイロット並みの免許が必要ではないか!というようなものである。

ギャンブル依存症という、ありもしない新たな病原菌をでっち上げ、
一部の国会議員がパチンコを槍玉に上げている。

そんなにギャンブル依存症なるものを懸念するなら、
賭け金制限のない、公営ギャンブルこそ廃止することが先決で、まして新たに造ろうとするカジノなど以ての外だ。

本末転倒である。

これはカジノを含むギャンブルの存在自体に反対する多くの国民の目をそらすために、
庶民の身近な大衆娯楽パチンコにすり替え、規制を強化します!一生懸命政治をやってます!
とするアリバイ作りのようなもので、

本質はカジノ利権にとんでもない背景が隠されているのか逆に疑いたくなりますね。

なぜ、同じギャンブル系である公営ギャンブルやサッカーくじ、宝くじを一切叩かないで、関係ない風営法のパチンコしか叩かないのか。

南北朝鮮系を叩くのであれば、サラ金等の高利貸し、土建屋、水商売、いろいろあるでしょうに。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


パチンコは釘調整に頼らずパチスロよりも7万円分多い出玉性能があることを活かせ


「パチンコの性能はルール上もっとたくさん玉を出せるはずだ!」と話すのはパチスロ関係者だ。

以下本文

規則上1日営業(中時間出玉率)に相当する出玉の上限は、
打玉に対し
パチンコは2倍まで。

・遊技機規則別表第四(1)ロ(ニ)
「遊技機の試射試験を十時間行った場合において、獲得する遊技球の総数が発射させた遊技球の総数の二分の一を超え、かつ、二倍に満たないものであること」 

パチスロは1.5倍まで。

・遊技機規則別表第五(1)ロ(ト)
「設定ごと及び規定数ごとに、(ホ)規定する試験を六千回行った場合において、獲得する遊技メダル等の総数が、投入した遊技メダル等の総数の一・五倍に満たないものであること」とある。

そうすると、
パチンコ
打ち玉
100発×600分=60,000発

出玉
(60,000発×2)-60,000発=60,000発
60,000発×4円=240,000円

パチスロ
投入
(3枚×6,000ゲーム)-822リプレイ=17,178枚

払出
(17,178×1.5)-17,178=8,589枚
8,589×20円=171,780円

このように、1日で獲得することができる上限はパチンコ約24万円、パチスロ約17万円となり、
パチンコの方が約7万円も多く玉を出せる性能がある。

これに加えパチンコには伝家の宝刀“大当たり確率変動”によって、大当たりの連チャンをさせる機能もある。
規則上もパチンコの方がたくさん玉を出せるはずだ。

さる、3月8日衆議院の内閣委員会において、高井崇志議員が「キャンブル依存症対策とパチンコの射幸性抑制」に関連して、くぎ曲げ等の不正改造問題等の対策として、パチスロではじめた「役比モニター」をパチンコにも義務付けるべきではないかと政府(警察)を問い正した。

そもそも一般入賞をカットする「ベース殺し」は、パチスロは関係ないのだ。不正改造の事の発端はパチンコの問題だから、パチンコが積極的に役比モニターを搭載しなければならない。

たしかに遊技機規則では、著しく射幸心をそそるおそれがないように、出玉のうちで大当り(役物連続作動装置等)に偏った出方を禁じられていることから、大当り出玉は全出玉のうち6割未満でなければならない。

すなわち、一般入賞(他入賞口による配当)で4割以上出さなければ許可されないのだ。
※イメージとして出玉の約半分は他入賞(大当り以外の入賞)だ。

はぁ?という感じだ。

実態はどうだ、未だにヘソ以外ほとんど入らないのではないか?

規則上においても、パチンコはパチスロより出玉性能が高く認められているのでやり方はいくらでもあると思う。

従来のような、不正なくぎ曲げ(“入賞口殺し”)によって、遊技機の性能を変化させ、お客から不当な方法で売り上げることは、もうやめた方がよい。



人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える



※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。コメントがエントリーになる場合もあります。





釘調整とパチスロ設定の合法か違法かの違いについて


パチンコは釘調整によって利益コントロールしている。パチスロはどうやって利益コントロールするかというと設定だ。釘調整が違法なら、パチスロの設定もなくしてしまえ、と暴論を吐くものもいる。

こうした意見に対して、パチスロ関係者が釘調整と設定の違いを次のように解説する。

以下本文

パチスロの設定とは

遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則
(回胴式遊技機)別表第五(1)リ(へ)

「設定の数は、六を超えるものでないこと」とあり、すなわち回胴式遊技機の“設定”とは風適法第二十条第3項において、著しく客の射幸性をそそるおそれがあるものとして、国家公安員会規則の定める回胴式遊技機の性能そのものであるため、パチンコの営業調整としての“クギ調整”といった、検定を受けた遊技機に不正に手を加えるものとは、全く異なります。

設定は合法であり。
クギ調整は違法である。

ホールはこのことの認識が乏しいのでないか?

法令による規則上の立て付けは

パチンコは構造(アナログ)の遊技機
パチスロはコンピュータ抽選の遊技機
であって、遊技機としての基本性能がそもそも違うものである。

日々のパチンコの“クギ調整”は、パチスロでいうと毎日“ロム交換”するような行為である。
※だからクギ曲げは検定を受けた遊技機に“不正改造”を加える犯罪行為にあたる。

規則上のクギに関して以下のようにある。

(パチンコ遊技機)別表第四(2)ホ(ロ)

「遊技くぎ及び風車は、遊技板におおむね垂直に打ち込まれているものであること」
             
(3)ハ(イ)
「遊技くぎ及び風車の軸の材質は、ビッカース硬度が百五十Hv以上二百三十Hv以下である硬度を有する真ちゅう又はこれと同等の硬度を有する金属で容易にさびず、かつ、折れない性質のものであること」
                 
(ロ)
「遊技くぎ等(遊技くぎ及び風車の軸を除く。)の材質は、硬度プラスチックその他材料で遊技球の落下その他の衝撃により破損し、又はその形状が変形するものでないこと」

この規格を基に製造されたパチンコが(出玉率、役物比率等に適合しているとして)検定を受けている、したがって“クギを曲げる”ことはこの性能を変更することとなり、検定を受けてない遊技機となる。

以上


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。