パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

アナログ役モノ機の可能性 その2


液晶一辺倒という業界からの批判を考慮したのか、平和の人気シリーズ黄門ちゃまが「CRドラム黄門ちゃま またまたゴチでやんす」との機種名が示す通り、ドラムで帰って来た。

ドラムといえばSANKYOだが、本家のお株を奪うような多彩なドラムアクションが話題になっている。ドラムは液晶に比べれば、動きがどうしても単調になってしまいがちだが、リーチ演出で家紋パネルを組み合わせるなどの工夫をしている。ドラムもパネルもアナログで、アナログ役物好きの平和らしさが伺える。

さらに、大一の「CR天下一閃」、A-gonの「CR天空の王求物語」とアナログ役物機の登場は、脱液晶の試みとして、成功してくれることを願いたい。アナログ機がヒットしてこそ、脱液晶にも弾みがつくところだが、ホールが買って、お客さんも打って楽しめることが前提条件となる。

液晶一辺倒になる理由の一つに保通協の試験がある。液晶ならプログラムの試験が中心となるが、アナログ役物は一筋縄では行かない。液晶デジタル以上に開発に労力を費やす。そういう意味でも大一の「CR天下一閃」は「よく、保通協を通ったなと思う。一歩間違えると検定取り消しになる可能性がある」と同業他社も感心するほどだ。

アナログ回帰はまだまだ小さい動きだが、これが成功することで大きなうねりとなる。

ドラム、クルーン、そして日報が提唱する円盤とアナログ役物をデジタルと組み合わせるだけでも、また違ったものが出来る。

液晶のいいところも残しつつ、最後の抽選部分だけでもアナログにすることだ。つまり、今のパチンコでいえば、当たりが確定したところで、最後の確変の抽選をアナログで見せる、というのはどうだ。

その他ラウンド振り分けもアナログにして、可視化する。

そこで登場するのは例の円盤だ。
IMG_4601

最後の抽選をアナログにすると、クルーンのような機構ではドツキが横行することになるが、ここは発想を転換させてドツキもゲームの一環として取り込んでしまうことだ。今や標準装備となり、巨大化する一方のボタンのような意味あいで、どつかれても一切問題なしにしてしまえば、ゴト対策に腐心することもなくなる。

最後の確変抽選やラウンド振り分けをアナログ抽選で見せるとして、ホールはいくらぐらいなら買うのか?

「20万円は切って欲しい。15万円なら買う」(ホール関係者)

極々一部の声だが、大手メーカーはそんな要望に応えることは期待薄だが、それをやるメーカーが今後のパチンコ業界をリードして行くのかも知れない。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



定量制営業に難癖を付けてきた所轄


警察庁から釘調整が違法といわれるようになって、所轄も釘調整で摘発しようと、動きが活発化している。

パチンコはセブン機からハネモノ、普通機に至るまで全て釘調整を必要としている。デジタル抽選機はスタートの開け閉めによって、回る回数が変化するだけだが、ハネモノは鳴きと寄りの調整がよければ、勝てる確率は確実に上がる。

最近所轄が目を付けているのがハネモノだ。特にハネモノに力を入れているホールに意地悪をしている。

ハネモノや昨年復活した手打ち式パチンコは、本来のパチンコが持っていた大衆娯楽の姿であり、そういう機械が増えることを警察庁も歓迎したはずなのに、現場にはそんな想いは伝わっていない。

釘調整は全てが違法なのだから、機種は関係ない、とばかりにハネモノコーナーを定量制で営業している警視庁管内のホールに所轄がこんな質問をした。

「今日、打ち止めになった台は、明日も打ち止めになるの?」

「ハネモノでも大当たりはラウンド振り分けがあるので、たまたま打ち止めになっただけで、明日も打ち止めになるかどうかは分かりません」

さらに復活した手打ち式チューリップ台についても同じ質問をして来た。

「手打ち式はそれぞれの技量がありますから、一概にはいえません」

釘調整を黙認してきた所轄の反撃が始まった格好だ。

一人で出玉を独占するのではなく、少しでも多くの人に出玉を味わってもらいたい定量制についても、難癖をつけて、釘調整していることをいわそうとしているとしか思えない。

健全な営業スタイルだったはずの定量制までが、釘調整のターゲットにされるようでは、定量制もできなくなる、と当該ホールの店長は心配している。

所轄の担当にある程度の裁量権があるので、所轄が定量制を突破口に釘調整違反を検挙しようとしているとしたら、ホールは本当に何もできなくなる。

それぐらい釘問題に関しては、釘調整=メンテナンス発言から大きく潮目が変わってしまった、ということだ。

釘調整を必要としないパチンコ機が登場するまでの猶予期間は、従来通り黙認してもらったとしても、釘調整以外で利益コントロールしようと思えば、設定ぐらいしか考えられないが、そうなるとセブン機以外の機械はどうやって作るのか、ということにもなる。

回収・撤去問題をこじらせようものなら、次はいよいよ3店方式に踏み込んで、息の根を止められることになるのだろうか。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。


減台するならちょいパチ?


検定機と性能が異なる遊技機の撤去問題に絡み、島工事の減台見積もりの依頼が増えている、という。それはベニヤ板営業を避ける目的もあるが、MAX機が完全撤去となる来年からの営業を鑑みると、スロットコーナーを増台するか、この際全体の台数を減台して島間を広くするかの選択がある。耐用年数の関係から、いずれ島工事をしなければいけないのなら、前倒しでやってしまおう、ということのようだ。

「パチンコ人口が増えることを望める地域もありません。無理して入れ替えるぐらいなら減台を選択しているホールさんが増えてきました」と話すのは島設備関係者。

業界は組合の自主規制で総台数が決められていた。ところが自由化の波で台数規制も撤廃され、競合店に勝つことを目的に店舗の大型化が進んだ。

2000台のホールが登場した時の理由はこうだった。

「1000台ならすぐに追い越されるが、2000台なら誰も真似しない」

緻密なマーケティングの下に決められた台数ではなく、オーナーの直観力と意地によるものだった。それだけに2000台を維持できるわけもなく、減台、減台を繰り返し現在は1280台になっている。

正月やGW、お盆営業というのが業界のピーク時営業でその特別需要に合せて台数を決めていたが、平日が1割営業でも特別需要や土日営業によって平日のマイナス分を補ってきたが、MAX機がなくなればそれも望めない。

「4円の稼働が全国的に下がっているわけですから、4円は明らかに供給過多です。今回の撤去問題で4円の縮小は決定づけられるのではないでしょうか。4円を減台することで安定するのではないかとの見方もあります」

4円復活の起爆剤として投入されたちょいパチだが、出足は芳しくない。

「3000円で1時間遊べるというが、差玉が少ないので全く魅力がない。それなら1パチで遊ぶか、1/99の遊パチで遊ぶ。メーカーにはちょいパチをホールでの実験現場にするなといいたい」

否定的な意見がある一方で、好意的な意見もある。

「大当り確率が1/29なので『常に高確率状態』。『おすわり1発』や、『帰ろうと思った最後の保留で当たる』という、『思わず人に伝えたくなる体験』を味わうことができる。1パチからパチンコを始めたお客さんは4パチを打たないので、4パチのちょいパチは良い取り組み」と評価する。

全否定から入れば、業界は4円を含めて縮小の一途を辿るだけだ。ちょいパチを初めてパチンコをする人が打てば、それなりに楽しめる。ま、今残っているユーザーには魅力はないだろうが。

メーカーの直営店でちょいパチ専門店をやってみますか。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。





サミーとユニバが合弁会社を作った意味


サミーとユニバーサルが部品や関連機器の開発・製造・販売を共同で行う合弁会社ジーグを設立したことを発表した日が4月1日であったことから、エイプリルフールネタかと疑った業界人も少なくなかった。なぜなら、かつては特許を巡り訴訟合戦を展開した犬猿の仲の2社だったからだ。

業界内には様々な憶測が流れる。

「大手2社で潰しあってもプラスにはならない。2社で市場を取に行くつもりだ。特定の車種でトヨタとスバルが共同開発しているように、共同で開発すれば開発費も抑えられる。おまけに台数が稼げる2社が手を組んだら他のメーカーは足元にも及ばない。完全に主導権を握られる」(スロットメーカー関係者)

ユニバーサルの新筐体「WIZARD」に搭載されているプロジェクションマッピングは、液晶に取って替わる新技術だが、サミーの筐体でも搭載されることになりそうだ。

「スロットだけでなく、将来的にはパチンコにも影響してくるはず。スロットで足固めをして、パチンコメーカーにはない発想のパチンコ機を出してくる。他メーカーが持っていない技術で、勢力図が一気に変わるかも知れない」(パチンコメーカー関係者)

違法といわれている釘調整に対して、メーカーは釘調整が不要のパチンコ機を開発している、と思われる。電チューでスタートをコントロールする特許はユニバーサルが持っている。それ以外の方法を各メーカーとも考えていることは想像に難くない。

さらにこんな声も聞こえてくる。

「一番危機感を覚えているのは営業ですよ。信用力や資金力のあるホールは誰が売っても一緒。となると営業部隊はゼロになるんではないか、と」(販社関係者)

合弁会社を作った理由は、そんなパチンコ業界だけに留まった話ではないようだ。

「両社ともカジノは運営だけでなく機械作りにも当然関心を持っています。国内でのルール作りやライセンス問題などクリアして行かなければ行けない問題は山積しています。それを1社でやるよりも2社で共有した方がいい。そのための布石ではないでしょうか」(事情通)

2020年の東京オリンピックに間に合わなくなったカジノは、機運はトーンダウンして来たが、メーカーにすれば、パチンコ業界以外の市場も欲しい。ユニバーサルはラスベガへカジノマシンを販売していた実績もある。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。






早くも女性騎手にメーカーが注目


パチンコと公営ギャンブルは業界的には反目するところがあるが、パチンコのコンテンツとしては親和性が高いとあって、パチンコ台になっている。

まず、一番多いのが競馬。

藤商事「CRキング・オブ・ケイバ」

サンセイR&D「CR GI DREAM」

SANKYO「CRフィーバー競馬王GP」

豊丸「CR競馬天国優駿編V」

平和「CRみどりのマキバオー」

続いて競艇。

サンセイR&D「CR WINNING TURN 」

西陣「CRモンキーターン」

競馬のパチンコがある一定のリリースがあったことを前提条件に、今、将来性と数少ない女性騎手ということで、パチンコ版権として注目されているのが、藤田菜七子騎手だ。

無題

16年ぶりの女性騎手。18歳という若さ。愛くるしいルックスから競馬界のアイドル的存在になろうとしている。JRAの中央デビュー戦で2着を果たした。新人騎手のデビュー戦では最高着順となった。運もあったかも知れないが、実力も期待できる。

茨城県生まれで、家族に競馬関係者がいるわけでもないのに、小学校5年生の時テレビで競馬中継を見ていて「カッコイイ!」と思い、馬に乗りたくなった。

中学校を卒業すると競馬学校に入学。ことし、騎手免許を取得してプロデビューを果たした。

競馬ファンも大注目で、パドックにはおよそ3000人が詰めかけるほどの菜七子フィーバーが起こっている。

「競馬物の販売実績があるメーカーが版権を狙っています。誰にでも好かれるルックスもいい。女性騎手の最速Vは9戦目ですがその記録を塗り替えてくれたら、ますます版権向きになります」(業界事情通)

これは藤田菜七子騎手とタイアップしたパチンコ台を作りたがっているメーカーがある、という話だが、次は、こんな台を作ったら面白いな、というアイデアだ。

「世界卓球は男女とも団体戦は銀メダルに終わりましたが、見ていてスピード感があって非常に面白い、と思いました。卓球をテーマにしたパチンコ台はありだと思いました」(同)

パチンコは通常の映像が面白くない。

その通常の退屈な映像を卓球の激しいラリーで表現して、大当たりも数字を3つ揃えるという既成概念を捨て、スマッシュが決まったら大当たり、という演出だ。

卓球パチンコに関しては、あくまでもアイデアであり、ヒントである。

もし、何年か後に「CR藤田菜七子」や「CR世界卓球」なんてパチンコ台が出たとしたら、面白いではないか。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。