パチンコ日報

ニュースにならないニュースの宝庫 

設置、レンタル料無料。設置するだけで販売手数料が入る話題のコーヒーマシン


パチンコホールでのコーヒーのワゴンサービスは、スタートして30年ほどの歴史がある。ワゴンレディーの世界にもレジェンドが存在した。500台クラスのホールで、1日1人で何と800杯ものコーヒーを売りさばいていた。

当時、自販機のコーヒーが120円でワゴンなら300円もする時代に、どうやれば、1人で1日に800杯も売れるようになったのか? 

「お客さまがコーヒーを買うにはきっかけがあるはず。そのきっかけづくりをすればいい」と彼女は閃いた。さらに、自販機より優れているのは、自分には接客ができることに気づいた。コーヒーを売るだけでなく、自分を売ることに努めた。

販売するときは、1人1人に顔を近づけて相手が振り向くまでじっと待った。そして、客が振り向くと最高の笑顔を返した。

注文のコーヒーを持っていった時に、ここからコミュニケーションが始まる。空になったカップを回収するときにまた笑顔を返す。彼女には3回の接遇のチャンスがある。

お客にすれば、コーヒー1杯で彼女の笑顔が3回見られる。

一番の努力は客の顔と名前、好みをすべて覚えることだった。これをインプットすると「〇〇さん、きょうはよく出ていますね。いつものでいいですか?」と言葉をかけた。これを習慣づけて1日800杯売るようになった。

こういうレジェンドがいる一方で、客の顔面に機械的にメニューを突き出す注文の取り方をして、客から不評を買っているワゴンレディーも少なくない。

本来、サービス向上のためのワゴンサービスがこれでは本末転倒である。人手不足からワゴンレディーの質の低下に加え、ホールの稼働低下から、赤字に陥るコーヒーワゴン会社もある。

人の問題に悩まされることなく、美味しいコーヒーが手軽に味わえるのが全自動ドリップ式のコーヒーマシンだ。これが1台あれば、1杯ずつ挽きたて、淹れたての本格派ドリップコーヒーが味わえる。

img_5827

ヨシムラコーヒーが提供するコーヒーマシンは、ホール側に設置費用やレンタル料、豆の購入費など一切負担がないことが特徴だ。それだけでなく、コーヒーマシンの保守メンテナンスの費用も一切かからない。コーヒー豆の補充は同社が行う。

売り上げの手数料がホールに還付される、ということは、店内に設置している飲料水の自販機と同じ感覚だ。

コーヒーマシンは水道工事を必要としないこともホールにはありがたい。コーヒーはレギュラーサイズで1杯200円。種類はレギュラーコーヒーのホット、アイスの他、アメリカン、ヨーロピアンが選べる。製氷機も付いているのでアイスコーヒーも提供できる。

ただし、条件がある。1日35杯以上コンスタントに売れるホールで、関西圏に立地すること。

各台計数機を導入しているホールでは、スタッフが注文を取ることで、売り上げを上げているケースもある。350台クラスの郊外店で平均3割稼働のホールで月間2200杯を売り上げている。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。




日本にカジノができたら行ってみたい人は約7割


パチンコ・スロットを打っているユーザー(業界人も含む)に日本にカジノが出来たら行ってみたいかをテーマにアンケートを取った。回答数は353。そこから見えてきたものとは。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

まず、行ってみたいかという設問では一度は行ってみたいが48%でトップ。2位は行くことはないが25%、絶対に行くは19%だったが、実に67%がカジノへ足を運んでみたい、とかなり関心が高いいう結果となった。

行きたいという理由と行かないという理由を2回に分けてお届けする。

1回目は行って見たいという意見から。

行きたいという意見の傾向を分析すると、海外で経験した人は日本にできるとどのようなカジノになるのか、という興味と、海外でもカジノには行ったことのない人は話のタネに一度は行ってみたいという理由。さらには、パチンコと比較してカジノの方が信頼性が高いという理由に大別できた。

海外のカジノを経験して、日本での興味

・本場ラスベガスで経験したことがあるから。 カジノだけではなく、街全体規模での総合的なリゾートは家族で楽しめ日本でも流行るし、プラス面の方が多い。

・海外のカジノには結構行ったが 日本ではどこが違うかを見てみたい サービス面での違いを体感したい。海外だから魅せられる部分が多いが 国内でやった場合日本人にはどうみえるのか言葉・風習などの差を見てみたい。

・ラスベガスとマカオで経験しているので、日本も感じてみたい。

・海外のカジノには足を運んだことがあるので どのような差別化を行っているのか視察したい。

・パチンコとは違うギャンブルとしての楽しみや雰囲気があるため。昔いったラスベガスの雰囲気はとてもよかったです。

・ソウルやラスベガスとどう違うのか調べる。で、自分の趣向に合えばリピートする。

・外国などの旅行の際に行く事が醍醐味であり、日常からカジノへ行くのは雰囲気、軍資金ともに敷居が高く感じますので国内でしたら1度行けばお腹一杯的な感じです。

・どんな雰囲気なのか? どんなお客様の層なのか? パチンコ店と層は重複するのか? など、視察がてらに行ってみたいです。

未経験から来る興味

・雰囲気とバニーガールを見たい。

・ギャンブルをしたいというよりは、1度のぞきに行ってみたいと思います。カジノ場以外の施設を含めて。

・カジノだけでなくエンターテインメントの一環としての演出などに興味あり。

・ギャンブル目的でなはなく、ラスベガスとの比較。

・カジノだけが目的ではなく、劇場や映画館のついでにだったら行くかもしれません。 映画などを観終わった後に5000円ぐらいカジノで遊んで酒飲んで帰る、というぐらいです。 カジノだけが目的では絶対行かないと思います。 遠いので。

・海外のカジノに1度も行ったことがないので、1度入ってみたい。ただ、入場料を払ってまで入る価値があるかどうかは実際できてから考えます。それよりも複合施設内にどのような施設が入るかが楽しみです(カジノだけだったら行きません)

・旅行に行った友人からパチンコ・パチスロとは違った面白さがあると聞いた為。

・リスクも大きいが、リターンも大きいから。 それに自分は田舎に住んでいるので、頻繁に行くことは出来ない。だからどんなものか見物がてらに1回程度は行ってみたいと単純に思うから。

・外国のカジノには物理的に(金銭的にも)行きにくいので 日本国内で雰囲気を味わいたい。パチンコ、スロットは過去(5年ほど前)までほぼ毎日通っておりまっしたが、現状ではギャンブルには全く興味がありません。ちなみに現状含めP業界で働き15年目です。

・日本にはじめてディズニーランドが出来たとき、ドーム球場が出来たとき、行ってみたいと思いませんでしたか。それと同じで「日本国内に初の施設」だから。

・外国のイメージがあるので、興味があるだけ。 ギャンブル自体にはそこまで魅力を感じない。

・一度見てみたいから。 観光地へ行くのと同じ感覚です。

・新しいテーマパークに行ってみたいというのと同じ感覚。

・単純に日本に新しくできるものなので見てみたい。

・非日常感を味わいたい。海外でないと行けないと思っていたが、行くためのハードルが低いなら行きたい。

・話のネタ! 2回目からはワザワザ行く必要がない。

・とりあえず一度くらいは中を見てみたいから。

・カジノに行ったことがないから、どういうところか1度は行ってみたい。

・派手な遊び、大人な遊びをしてみたい。

・好奇心と刺激欲しさに行きます。まずは見て感じたい。

・リスクも大きいが、リターンも大きいから。 それに自分は田舎に住んでいるので、頻繁に行くことは出来ない。だからどんなものか見物がてらに1回程度は行ってみたいと単純に思うから。

・外国のイメージがあるので、興味があるだけ。 ギャンブル自体にはそこまで魅力を感じない。

・①一攫千金を狙う為 ②雰囲気を堪能する為 ③話題作りの為 ④社会勉強の為

・パチンコファン&業界人なので、経験として。 カジノにどのくらいの射幸感があるのか感じてみたいと思う。

・いちファンとして単純に興味がある。 どういう客層がいるのか、客単価がどれくらいなのかなどにも興味がある。

・レートが高いと思うのでめったに行けないと思うが、どんな雰囲気か一度は行ってみたいため。

・変な人がいなそう。 管理体制が恐らく半端ない(その為に入場料必要なら払います)。 毎日行ける娯楽としては考えにくいので、旅行の途中で寄るような遊び感覚でギャンブルしてみたい。

カジノそのものが好きだから

・負け額も多いが勝ち額に期待してしまう。1日で100万以上儲かる場合もあるから。 以前、闇カジノで100万儲けたし…。

・パチンコとは違い、勝てる金額が多いので魅力的である。 24時間営業なので自分の時間に合わせて遊ぶ事ができる。

・以前は頻繁にマカオと韓国のカジノへ通っていました。 飛行機に乗る手間が無いので、行きます。

・控除率がハッキリしているから。 ただしディーラーの腕を見極めれないとダメだけど。

・ポーカーやルーレット等自分で選択できるゲームなので楽しそう スロットマシンでもジャックポットで一撃とか見てみたい。

・平等で短時間で遊べる 閉店時間も気にしない。

・勝ち負けがシンプルなので。

・本当のエンターテインメント感が期待できる ・抽選方式が平等 ・セキュリティが万全で安心感がある。

・雰囲気を感じてみたい ・高額BETをしてみたい。1回の大当たりが10万のスロット遊技してみたい。

・ビデオポーカーとブラックジャックがしたいから。

・テーブルゲーム面白そうだから。

・バカラが好きだから。

・短銃明快なゲーム性とワクワクがたまらないから。

・高いレートで勝負してみたい。

・パチンコ、パチスロとは関係なく、カジノに興味があるから。本格的なポーカーが日本でできたら嬉しい。

・ディーラーとの駆け引きが楽しい。 スロットマシン等の機械相手は基本やらない。

・海外カジノと裏カジノに行ったことがあり、バカラ大好きだから。

・調査分析して利益が出るなら行きます。 パチンコも同じ。毎月利益が出せる間は行きます。

・パチンコ、スロットは結局のところ遊戯には収まっておらず、 パチンコ、スロット客はおのずとギャンブルのメインとなるカジノへ一度は行きたくなると感じました。

パチンコと比較した意見

・博打は嫌いじゃ無いので行くと思う。 パチンコより安心かな。

・パチンコ屋よりよほど信用出来るから。

・パチンコ屋は信用出来ないから。遠隔やガセイベントなど。

・手っ取り早い勝負ができるから パチンコスロットみたいにダラダラと打ってられない

・パチンコもスロットもマンネリだから。

・パチンコはつまらないから。パチンコは夢がないから。

・今のパチンコ・パチスロは夢がないから。ぼったくりばかり。なのでカジノに夢を求めます。

・パチンコ店の出ない台に何万も使えませんね。あほくさくて

・パチンコのようなイカサマがなさそうだから。

・パチンコのぼったくりに飽きたから。

・今のパチンコが無理ゲーになったから。

・華やかで楽しそう、パチンコに飽きたから。

・パチンコより大きいギャンブルをしたい。 競馬は控除率が高過ぎてつまらない。

・15万握りしめてホールにGOD打ちに行ってましたが、それも後少しの間ですよね。 新基準だけになったらホールに行く回数が激減するので。

以上

一度は行ってみたい人は7割近くに及んだが、話のネタに一度行けばそれで十分という人も少なくない。日本でのIRカジノ第1号は大阪が濃厚だが、地方から交通費を払って入場料を払ってくるのは、ほぼ旅行感覚である。パチンコの様に毎日のように気軽に手軽に行けるものではない。そう考えると依存症対策はパチンコからだろう。

人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。



あなたはカジノへ行きますか?アンケート


IR法案が可決し、政府は1年以内に実施法を作成する運びとなり、日本にもカジノがいよいよ解禁される見通しとなりました。

カジノができてもパチンコホールには影響は限定的と言われていますが、実際のユーザーはカジノをどう見ているのか、緊急アンケート調査を行うことになりました。

以下のフォームをクリックしてご回答ください。

題して、パチンコ・スロット客はカジノへ行くのかアンケート

ご協力よろしくお願いします。


客目線を忘れていませんか?


寒中お見舞い申し上げますm(_ _)m
元店長です。

何年も前に、元マルハン女化店の看板について寄稿したことがあります。
古い読者の皆さまは覚えてますよね。

あの時は、
マルハンは業界のリーディングカンパニーなので、あえてしっかりして欲しいと思い書いた寄稿です。

元女化店は、
閉店後しばらく経っても、看板はマルハンのままでした。
これにより、一部の人は様々な思いを巡らしました。
指摘後、看板は白くなりました。

小さな配慮に欠けていたケースでした。

この元女化店と同じように、小さな配慮に欠けているケースを今回も指摘させて頂きます。

マルハン町田店が、来年1月9日で完全閉店します。

マルハン町田店は、グランドオープン後は、一時閉店したり紆余曲折あったホールでした。

試行錯誤して万策尽きて、今回完全閉店に至ったのでしょうか?

私も3度程視察遊技いたしました。素晴らしい店舗でした。

そんなホールが、P-worldに閉店の案内を掲載しました。

その画像が、下の2点です。

まず1枚目。

img_5823

この画像に違和感を感じたお客様がおります。

どう見ても変!

閉店は本来残念な話です。
ホール会社側にとっても、お客様にとっても、立場が違っても喜ばしい事ではありませんよね。

なのに、この画像の中では、多数の風船が描かれてますよね。

また、赤字で閉店と大書きされております。
これは、どうみても開店を思い起こすレイアウトではないでしょうか?

2点目。

img_5824

この画像は、貯玉と貯メダルの精算について書いてあります。

この精算は、閉店前に店舗で行えれば問題はありません。
しかし閉店後になってしまった場合は、お客様側にとり面倒臭い。

こんなケースが、過去にありました。

あるホールの閉店に気がつかないお客様がいました。
長年そのホールに通っていたお客様でしたが、健康面の問題から、長期入院長期療養をすることに。

体調も良くなり、そのホールへ行くと、完全に閉鎖。

さー困った。
私の貯玉はどーなるの?

と、なりますよね。

後始末する会社の連絡先をホール運営会社から聞いて、そこに連絡すると、全ての貯玉は、限られた一般商品から選ぶものでした。

約6000個の玉を、限られた商品から選ぶ。
当たり前の事ですが、大量の一般景品には困惑したといいます。
今は分かりませんが、当時は、例えば1000個セットみたいな商品と交換してましたね。

つまり、
本当にお客様側に立ったお知らせならば、
もっと違う文面が書けるはずです。

手間がかかり迷惑を被るのはお客様なのですから。

リーディングカンパニーには、他の同業者の参考になる手本になってもらいたいものです。

ついでに書いちゃうと、
マルハンさんには、色々としっかりして頂きたい面が多数あります。

トイレの石鹸が長時間切れているとか、
駐車場のこととか。

お客様目線を今一度見つめ直すのが良いかと。




人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える


※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。





アナログ役モノ機の可能性 その2


液晶一辺倒という業界からの批判を考慮したのか、平和の人気シリーズ黄門ちゃまが「CRドラム黄門ちゃま またまたゴチでやんす」との機種名が示す通り、ドラムで帰って来た。

ドラムといえばSANKYOだが、本家のお株を奪うような多彩なドラムアクションが話題になっている。ドラムは液晶に比べれば、動きがどうしても単調になってしまいがちだが、リーチ演出で家紋パネルを組み合わせるなどの工夫をしている。ドラムもパネルもアナログで、アナログ役物好きの平和らしさが伺える。

さらに、大一の「CR天下一閃」、A-gonの「CR天空の王求物語」とアナログ役物機の登場は、脱液晶の試みとして、成功してくれることを願いたい。アナログ機がヒットしてこそ、脱液晶にも弾みがつくところだが、ホールが買って、お客さんも打って楽しめることが前提条件となる。

液晶一辺倒になる理由の一つに保通協の試験がある。液晶ならプログラムの試験が中心となるが、アナログ役物は一筋縄では行かない。液晶デジタル以上に開発に労力を費やす。そういう意味でも大一の「CR天下一閃」は「よく、保通協を通ったなと思う。一歩間違えると検定取り消しになる可能性がある」と同業他社も感心するほどだ。

アナログ回帰はまだまだ小さい動きだが、これが成功することで大きなうねりとなる。

ドラム、クルーン、そして日報が提唱する円盤とアナログ役物をデジタルと組み合わせるだけでも、また違ったものが出来る。

液晶のいいところも残しつつ、最後の抽選部分だけでもアナログにすることだ。つまり、今のパチンコでいえば、当たりが確定したところで、最後の確変の抽選をアナログで見せる、というのはどうだ。

その他ラウンド振り分けもアナログにして、可視化する。

そこで登場するのは例の円盤だ。
IMG_4601

最後の抽選をアナログにすると、クルーンのような機構ではドツキが横行することになるが、ここは発想を転換させてドツキもゲームの一環として取り込んでしまうことだ。今や標準装備となり、巨大化する一方のボタンのような意味あいで、どつかれても一切問題なしにしてしまえば、ゴト対策に腐心することもなくなる。

最後の確変抽選やラウンド振り分けをアナログ抽選で見せるとして、ホールはいくらぐらいなら買うのか?

「20万円は切って欲しい。15万円なら買う」(ホール関係者)

極々一部の声だが、大手メーカーはそんな要望に応えることは期待薄だが、それをやるメーカーが今後のパチンコ業界をリードして行くのかも知れない。


人気ブログランキングへあなたのポチっ♪が業界を変える

※コメントには必ずハンドルネームを入れてください。匿名は承認しません。コメントがエントリーになる場合もあります。